ブログ

風の谷〜泰阜村    
   暑い夏・「悠々」の応援団

 TVニュースで、とうとう高齢者が熱中症で死亡(室内で)というニュースが飛び込んできた。恐れていたことが起き始めた。山国の南信州泰阜村では、昔は夜は長袖の寝間着を着て、戸を閉めて夏布団を掛けないと朝方は寒くて目が覚めたものだった。だから高齢者だけの家ではあまりクーラーを入れている家は少ない。(電気代がもったいないのでめったにスウィッチを入れない)。日中雨上がりの(今年は雨が多い)部屋の中は山からの涼風も止まり、蒸し風呂にいるようだとの表現がぴったりくるようになった。その上夜、信じられないだろうが、年寄りは寝間着の下に長い丈の股引(ネル/flannel)をしっかりと履き、長袖の肌シャツを着ている人が多い。(悠々でも夕方薄物に着替えさせても、朝方しっかりと長袖セットをお召しになっているが)そんな恰好で昔のように戸を閉てて寝ている姿を想像するだけで、胸が詰まる。

 悠々では今全館クーラーを28度に設定している。電気代は月額20万を軽く超えるが、お年寄りたちの命の値段だと思えば高くないと思っている。その上毎日朝晩ソフトアイスノンを一人一人の枕の下に入れることにしている。こうしておけば、「夜男が入ってくる」とか、「夜男に覗かれる」と言って個室の戸と襖に筋交いを中からかけていたとしても、体を冷やせば何とか熱中症から救えるのではないかとの考えである。事実これは好評で、年寄りたちはよく眠れると言ってくれる。

 さてお盆が目の前に来た。夫の新盆を控えた婆様は、そのことで心身が絶不調である。自由にならないわが身を悔いている。他人の我々ではどうしようもないところが歯がゆい。お年寄りを抱えていると身内の新盆に思うようにならない不幸を嘆く光景に出会うことが多い。我らケアの奉仕団は、「うんうん」と傍にいて手を握ったり、背をさすったりしながらその煩悶に寄り添うしかない。

 その悠々には、夏の甲子園のあの応援団のように力強い応援団が居て、膝丈まで伸びてしまった一面の夏草を汗みどろになりながら、ささっとやってくれるボランティアさん、毎月1回開催の「生活リハビリ教室」には、休みを取って賄いの応援に来てくれる家族ボランティアさんがいる。この夏は、様々な採れたて夏野菜の寄付があった。トマト,きゅうり,インゲン,オクラ,トウモロコシ,大玉スイカ,夏大根,坊ちゃんカボチャ,ジャガイモ,紫玉ねぎ・・・等々である。

 悠々の貧しさは村の隅々まで知れ渡っているらしく、自分の家族用菜園からの直送品が届けられる。

これがどんなに嬉しいか、頂いた野菜で今日はどんな献立にしようかと頭をひねるのも楽しみの一つである。

この時期は村外の応援団からも様々なお届け物がある。珍しい果物,ソーメン,冷菓,・・・何よりもうれしいのは夏休みに子供たちを連れて悠々でその賑やかな声で私たちに元気を下さる友人たちの訪問である。

 「悠々応援団」に支えられて私たちも頑張れる。

 皆様,遅まきながら暑中お見舞い(残暑?)申し上げます。そして日頃の応援に心からの感謝を捧げます。

 

風の谷〜泰阜村    
    6人目の入居希望者顛末

 真夏の蒸し暑さの最中に一人の女性が悠々の玄関に立った.思いつめたようなその瞳に圧倒されて休憩時間のドアを開けた。その日は朝7時からの独りケアを夜7時まで継続するという日で、80歳手前の年寄りには多分大事な休憩だった。

 しかし、「もう満室と聞いてきたが、家の年寄り(98歳,女性)を預ってもらえるところはどこにもないので、どうしても預かってもらうことはできないかと来てみたんです」という。その方は69歳のお嫁さん、癌の治療が3クール済んだところで、9月1日から再治療のため入院が決まっているという。

 何という事だろうか。これほどの苦しみを背負いながらも、留守中の98歳の年寄り(要支援1)の身を心配しなければならないなんて。聞きながら、なんという優しいお嫁さんがいるものだと感動のあまり言葉を失った。

 しかし次の瞬間、「悠々は、貴方のような方のお手伝いをするために作られたのです。おそらくその要支援のお婆ちゃんは『わしゃ何でもできる』と確信をもっておしゃる事と思われますが、70代の夫(定年退職後/農業)と40代(会社員)の息子さんだけでは、98歳のお婆ちゃんを見守りながら(失禁+漏便等有)、家事一切をこなすのは長続きしないであろう事が想像できますので、そのお婆ちゃんを取り合えず1ヶ月のショートステイでお預かりいたしましょう」と告げないではいられなかった。

 「そのお婆ちゃんが、1ヶ月の滞在を経験して、『ここは良いとこだ。もうちょこっと居たい』とおしゃって頂けるようなら、永住入居に切り替えるというのはどうでしょうか」と提案し、彼女の入院前の9月1日に入居を決定した。

 「私たちのような事情を抱えて困っている人が大勢いるのに、皆悠々のことを知りません」と言われる。

空き部屋はあと一つ、でも今の悠々はもう空き部屋があるの話どころではなく、個性豊かな(頑固な)お婆様たちのお世話を一人介助でやり遂げられるだろうかという問題なのである。

 現場のケアの厳しさは、体験したものでなければわからない。個性を尊んで一人一人に寄り添いながら、その命の最後を伴走していくという仕事には「命に対する愛」以外の何物も力とはなりえないのだから。

 不思議なことに、ケアする者には人権なんて存在しないのではないのかという瞬間があるということを、世の施設管理者らは御存じであるのか問いたいが・・・.

風の谷〜泰阜村  
    お婆さま(95歳)の誕生日に・・・

 昨日の台風は、小さいとはいえ南信州を直撃かというコースを辿っていた。村民たちはお祭り当日というので皆ヤキモキしてTV画面の台風情報を見つめていた。

 ところが直撃覚悟で見入っているTVからは、突然のように「台風は温帯低気圧になりました」というではないか。ほっと安心、しかし大雨は継続中ということで、楽しみにしていた花火は早々と中止になった。

 一夜明け、この蒸し暑さはどうだろう。見渡す限りの靄、霧・・・雲、やがて太陽が顔を出し蒸し暑さが倍増した。早々と悠々では全館冷房を入れ、婆様たちを熱中症から防衛しているが、自宅にいるお年寄りは、どのようにこの極端な気候変動を凌いでいるのだろうかと心配でたまらない。

 昨日は最年長のお婆様(Mさん95歳)の誕生日であった。大きな花束とデコレーションケーキを目の前にしてびっくり仰天のお婆様、周りのみんなも笑顔笑顔で、ハッピバースデイ(お誕生日おめでとうに翻訳)の歌を手拍子に合わせて歌った。実は昼ご飯は、本人の要望で握りずし弁当をみなぺろりと食べていたのだが、実は悠々では、3時のお茶の時間がお誕生日会本番となるのだ。

 お婆様曰く「わしは95年も生きてきて、自分は生き過ぎたと思っていたが、今日は生まれて初めて、この年寄りの命の長さをおめでとうと祝ってもらって、考えが変わった。わしはここでもう少し生きてみたいと思えるようになった。お迎えが来るまでわしはここにお世話になって生きさせてもらいたい。お世話になるがよろしくお願いします」と初めて、お年寄りからのを、生きていることを寿ぐ言葉を頂いた。

 その方は、もう一つ大切な言葉を添えられた。「先生、この仕事、儲けを考えていたら出来ん仕事だの・・・。先生、わしは先生にに出会えてよかった」と。

 

 ここまで天から自分に任せられた命を愛してきてよかったと、本当に思った瞬間だった。

 

 

 

風の谷〜泰阜村   
   理事会顛末

大雨による災害注意情報がしばしば伝えられる今年の異常気象、雨の合間にカナカナ蝉の鳴き声が林の中に響いてハットさせられる。あちこちで初盆を迎える家の話が聞かれる時期だというのに、寒かったり暑かったりで夏が来たという気がしない。

 今年はなぜか道の端や野にニッコウキスゲの花ばかりが目立つ、秋に愛らしい顔をみせる撫子が一輪咲いているのを見つけた。

そして肝心の稲は、棚田で青いままの立ち姿で途方にくれているように映る。不安な日本の、自然の恵みに寄りかかっている過疎山村である。入居者も毎日窓の外を見ては、寒い暑いと着るものがちぐはぐで不安定な様子を見せる。

そのなかで悠々の理事会も創立から今月で128回を迎えた。

 わが悠々の理事会・議事次第の添付資料は常に10枚を超えるものである。その月の具体的なデーターがすべて明らかにされている。それによって理事たちは、否応なく悠々の入居者状況と、それにかかわるスタッフの勤務状況、建物に係る修理状況、開催された事業内容等を把握することになる。11年間ずっとそうしてきた。

 先回の理事会で大きな動きがあった。それは本田にとって夢に見た(待ちに待った)出来事であった。

それは、8月22日に岐阜県白川町から本田に、「地域交流センター悠々」の実践について話に来てほしいという要請が入ったことによるものである。その発端は、白川町で地域交流センターを建ててしまったが、実は具体的な中身をどのようにしたらいいのかわからないということであった。話を聞いて何という金持ちの自治体のすることかと内心びっくり仰天してしまった。

 本田が泰阜村前村長に「地域交流センター泰阜」を作りたいという計画書を提出したのが2004年5月、それは当時大学教員であった本田がスライド原稿を持ち込んで、この計画の必要性、在宅福祉の村泰阜でこそこれを日本に先駆けて作らせてもらいたいと懇願したものであった。それから国土交通省の補助金を得て「地域交流センター悠々」が 建ったのが2008年12月、その前準備として2007年に厚生労働省の補助金を得て泰阜村全住民(82%)を対象に訪問調査を実施、その調査結果を基に具体的な事業計画を立て、開所式を経てスタートしたのが2009年5月である。実に5年の準備期間を必要としたものである。

 人様の前で何とか悠々についてその経緯を話すことが出来そうだと思われるのは10年経ったつい最近である。

白川町では、泰阜村と共同で第二悠々のようなものを手掛けたいと申されるが、そこで理事たちの言。

 理事「えぇ!村との悠々の指定管理者の契約は5年じゃないのか?その続きをやるのか?」

 本田「えぇ!ちょっと待ってください。5年で悠々は終わるのですか?それでは今何のために死に物狂いで私はやっているのですか?5年後には日本の高齢化率はもっと上がり、介護保険の条件はもっと厳しくなることが十分予想されます。今でも要介護三より軽い人、認知症の人、精神障碍者の人は利用できません。子供たちが看てくれる時代はもうとっくに終わっています。皆様方は実際そのことを自分のこととしてどう思っておられるのですか?」

 理事「そ−だよな。子供たちは看てくれんよな。だがこの村じゃ悠々の入居費用15万5千円(消費税は外税)を年金で払える奴は誰もおらんぜ。せいぜい10万円までだな。実際おれは入れんし・・・」

 理事「それには定住自立圏という基金があるらしいです」とHDr.が具体的な「悠々第二次事業案」を提案し、それを村長・副村長に要請しようということになった。

 具体的に悠々を自分たちのものにするために、村民の幾人かが自分たちの自治体の長に要請するという動きに繋がったのである。

 

元理事長さん、命を懸けて頑張ってきてよかったね。

 

風の谷〜泰阜村  
「家族会」と言う名のボランティア

 泰阜村の街道と言う街道に可憐な黄花コスモスが群生し、日陰にホタルブクロの花が揺れ、我が家隣の林道の笹ユリが散っていって、南信州の初夏が終わり本格的な梅雨に突入した。ところがこの梅雨、しとしとと降るとは大違いで、毎週のように大雨注意報が発令され、ざあざあと降ってからりと晴れ、夏のギラギラとした日差しが田や畑に照り付ける。表面は濡れるが流れた水はじっくりと地に吸い込まないので、作物に水が足りないという現象が今年も起きているようだ。(部落の集会で水争いの話がもう出てきた)

 季節は栗の花の満開(ひげ爺)が至る所で見られるようになり、深い緑に包まれて夏を迎える気配がする。

 さて、悠々の庭の片隅に先代の入居者が開拓した二坪ほどの菜園に、今年もきゅりとトマト、ナスが実をつけ始めた。

近在の理事さんが、入居者の婆様たちの散歩時の気晴らしにと、手入れについていろいろケアスタッフに指示をしている。半端じゃないほどの忙しさの中で、ケアスタッフは肥料の撒き方、水のやり方を伝授されているようだ。

悠々の軒先には燕が三番巣というそうだが、同じ巣で三回目の子作りの姿が見えて、婆様たちを喜ばせている。

 さて、このほどこの悠々の190坪ほどの敷地の草刈り(2ヶ月でもう膝丈まで伸びた雑草)が、気づかぬ間にささっと一掃されていた。この仕事人は入居者の親族のお一人であった。

 センター長「申し訳ない、私たちが出来ないので業者にお願いしようと思っていたところなのです」とお礼(お詫び)を伝えると、Hさん「いやいやこれはお世話になっている私たち家族会の仕事と思っているんです」と言う。

えぇ!「家族会?」そんなのいつ出来たんだ。「重度認知症の叔母のお世話、有難くて、申し訳なくて、何かお手伝いをしたいが、これぐらいしか私らには出来んので」「・・・・」

 10年間の悠々の中で、しばらく途絶えていたボランティアさんが現れた。自発的に表れたのだ。本物のボランティアとはこのことをいうのだと知った。「悠々を潰さないために、私らができることは何かと考えたんです」とHさんは言う。

 お預かりしたお年寄り一人一人を大切にするケアを、存続して欲しいと願う家族がここに居たのだと知って、支えられ元気になる。さあ今日も頑張るぞ!


新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      お婆さま(95歳)の誕生日に・・・
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      お婆さま(95歳)の誕生日に・・・
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      理事会顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      理事会顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村   「家族会」と言う名のボランティア
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村   「家族会」と言う名のボランティア
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       〜研究者魂に火がついて〜
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode