ブログ

北欧デンマーク福祉改革見聞録

(月刊「信州自治研」8月号掲載)

高齢者協同企業組合 泰阜
理事長 本田玖美子

1.はじめに


 平成24年3月、我々(同行者:長野県塩尻市議、駒ヶ根市議)は、福祉先進国デンマークに向けて7泊8日の視察・研修の旅(NPO法人福祉フォーラムジャパン主催)に挑戦した。

 この旅の第一の目的は、北欧の福祉先進国の一つとして「ノーマライゼーション」の基本理念発信(1950年〜)等でこれまで世界の福祉施策をリードしてき たデンマークが、1987年(デンマーク国高齢者住宅法)から2000年6月までの20年をかけて、国中の全てのプライエム(特別養護老人ホーム)を全廃 し、新しいタイプの「ケア付き共同住宅」に転換し、より効率的でなおかつ質の高いケアを目指す改革を行なったという点に衝撃を受けたからである。

 デンマーク国(以下デンマーク)は人口554万人(2010年)、国土面積は九州と同じくらいの小さな国である。首都コペンハーゲンの庁舎の屋上から見た 風景からは、高い峰々に囲まれ深い緑に抱えられた信州の地から出かけた我々にとって、山がない(最高峰174m)!低い丘陵地が広がった先の地平線に、風 力発電機(風車)が回っている国デンマークは本当に異国そのものという印象であった。

2004.03.19 テ?ンマーク・ネストウ?ェス?市視察研修  2004.03.19 テ?ンマーク・ネストウ?ェス?市視察研修


 この改革の目的は、我が国同様近年の経済低迷に加え、人口高齢化による高齢者ケア経費が2倍になるとの試算にもとづき、大規模な行財政改革により医療・ 福祉サービスの統合化による効率的な連携を図ることにあった。具体的には、2007年1月に従来の14のアトム(県)と275のコムーネ(市)を廃止し、 5つのリージョン(region 州)と98のコムーネ(kommune 市)に統廃合。これにより従来は公的な人材で対応してきた保健・医療・福祉のケアシステムを、〜瓦討痢屮廛薀ぅ┘燹‘値椒曄璽燹廚髻屮吋付き住宅」に転 換・整理統合するとともに、ITC(情報コミュニケーション)化することで、ケア・サービスの平準化とスタッフの動きの効率化による大幅な人件費削減を 実現、財政再建を果たした。この改革にいち早く着手したのが今回の視察・研修先ネストヴェズ市である。本稿ではNPO法人福祉フォーラムジャパンが主催し たネストヴェズ市の視察・研修を手がかりに、デンマークの医療・福祉改革の概要について報告する。

住み慣れた地で最後まで
安心して住み続けるための生活条件
〜高齢者協同企業組合泰阜の取り組み〜

(月刊「信州自治研」7月号掲載)
高齢者協同企業組合泰阜
理事長 本田玖美子

1.はじめに

 本年6月26日に「税と社会保障の一体改革」をうたった消費税率引き上げ法案が衆議院で可決された。このことは、「2025年問題(団塊の世代サラリーマンの退職・年金受給が始まり要介護年代に突入する)」が眼前に迫っていることと密接に関連している。
  すなわち、2006年に始まった「保健・医療・福祉に関する基礎構造改革」により、政府は施設中心の福祉(施設収容=社会的入院)から在宅福祉(家族介 護+介護保険制度)へと、大きく舵をとった。 この施策の変更は、国家による「丸抱え福祉」から国民自身の生活者としての自覚と責任(=自立)を促すもの であった。

続きを読む >>
1

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村          施設でのケアの限界とは・・・
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村          施設でのケアの限界とは・・・
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       晩秋に思う・・・
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       晩秋に思う・・・
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村  「病院での最後・・・」
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村  「病院での最後・・・」
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      悠々の看取り
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      悠々の看取り
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       錦秋の風の中を悠々にも新たな風の予感
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       錦秋の風の中を悠々にも新たな風の予感
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode