ブログ

風の谷〜泰阜村   
デンマーク・ネストヴェズ市 福祉見聞録(5)

4)デンマーク対日本 福祉制度・比較考

 ここまでデンマークの福祉改革について述べて、デンマークと日本の社会福祉の違いは何か、その根拠は何かについて考えをまとめておこうと思い至った。それを踏まえて、デンマークの福祉改革とは何かをあらためて述べたいと思う。
1945年8月15日に第2次世界大戦が終結し(大学の講義で終戦記念日さえ知らない子供達を見てきたが)、その翌年日本国憲法が発布され、その中で始めてわが国は「社会福祉」という概念があることを身近に知ったのではなかったかと思う。それから今年で66年、まもなく憲法記念日が来る。

 地球上で社会福祉がシステムとして確立している国は、北欧3国(デンマーク・スウェーデン・フィンランド)といわれてきた。この北欧3国でさえ福祉の容にそれぞれの特徴がある。語弊を恐れずに述べれば、デンマークは福祉のソフト分野に、スウェーデンはどちらかというとシステムのハード分野に、そしてフィンランドは教育分野に卓越していると筆者は考えている。実際わが国も、憲法25条で「国は国民の福祉について責任がある」とうたい、バブル時期の一瞬「老人医療費無料」を実施、大盤振る舞いをした事があった。だがそれは北欧の「社会福祉」とは、何かが根本のところで大きな違いがあると感じる。

《その違い 媼疏如Ψ実な暮らしぶり
 北欧3国への視察・研修のたびに、これらの国の人々に共通した質素で堅実な(それでいて決して貧乏ではない)生活に胸を打たれる。日本の大都市に溢れる光りの大洪水やデパートのショウウィンドウを飾るブランドものから発せられる派手さはないが、国民の暮らしに密着した洗練された生活用品が溢れていた。

《その違い◆嫖衂捨90%以上の選挙で選ばれる政治家の治世
  常に90%を越す投票率によって選ばれた社会民主主義国の政治家たちが、まず何よりも國民目線で国を司ってきた歴史の積み重ねが、今日の福祉先進国としての地位を築いたのではないだろうか。

《その違い》100年以上戦争を回避してきた
 かつてインタビューで、「どうしてあなたの国はこのように福祉を推進することが可能だったのですか」との問に、福祉大臣が「私たちは100年以上戦争をしなかった。国民のために戦争を回避する道を選んできた。そのことが今日の福祉先進国を築いたと思う」との言葉がいつまでも耳の奥に残っている。

《その違いぁ侫妊鵐沺璽の失業率4.2%と日本の失業率4.5%(2012年総務省)の意味
 かつて高度経済成長期(1980年代)に、失業率2%台という低い水準を維持していたことが世界の日本礼賛ブームの一端を担っていた時期があったが、1990年代の経済低迷期に失業率は5%台まで上昇した。1997年の大型金融破綻事件を受けて失業率が上昇し、98年に4.7%に至った際には、自殺者の急増という社会現象に繋がった。
 社会保障が整備されていない日本では、職を失うことが即生活破綻を意味しているからである。にもかかわらず世界的不況の中で欧米各国の高い失業率に比べて、日本の低失業率の安定性の要因は、終身雇用(世帯人員扶養の給与体系)という日本型雇用の特色が維持されていることにあると言われている。しかしこの終身雇用(世帯人員扶養の給与体系)を前提にした社会制度は、不況による企業倒産で急激に失業率が上昇すると自殺の急増という大きな社会的ストレスを生むことが日本の特徴といえる。
 一方北欧の失業率は、税金は高いけれども手厚く補償された失業給付と、生産性の低い中小企業で失業した労働者を福祉などの公共セクターで吸収した結果、失業率が低く抑えられていることを示している。

《その違いァ侫椒薀鵐織蝓爾弊鎖静土壌
 これらの国でたびたび耳にする言葉の一つに、「困っている人が居たら助けるのは当たり前」というボランタリーな(無償の助け合いを当たり前とする)精神的土壌がある。今回の視察・研修先ネスヴェズ市でも、ケア付共同住宅入居者100戸にたいして200人のボランティア登録者があるという。もちろん無償である。(今回「ボランティアとは無償という意味でしょう?」と反対に問われた)
 日本だって昔、今のお年寄りが子育てをしていた頃、「お天道様が見ているんだから悪いことはしてはいけない」とか、「困った人がいたら、助けるのが当たり前、それが人の道」「弱いものいじめはしてはいけない、それが人の道」とか言われたものだった。その精神的な土壌ともいうべきものは、どこに行ってしまったのだろう。
 戦後、敗戦から遮二無二復興をめざして働いてきた私たちは、資本主義の競争原理の中で生き、子供達をここまで育ててきた。隣人を蹴落として這い上がることを、だれもいけないことだと教えなかったような気がする。

 少し前まで世界に誇る経済大国と呼ばれていた資本主義国日本は、世界不況の最中に東日本大震災のアッパーカットを受け、その一方で少子高齢化期に最初に突入する国として経済的には瀕死の借金大国に追い詰められている。
 端からは見えぬが、世界で最も社会福祉を必要としている国の一つではないかと思う。
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode