ブログ

風の谷〜泰阜村   
悠々の心の処方箋

悠々では お陰様でお年寄りの体調が今のところ落ち着いていて 平和な日々が流れている。
 この時期、山里のお年よりは多忙な日々を送っていて、そのお陰でお元気そうに見える。みな農作業と草取りに追われているらしい。
 悠々でも春先から、たけのこ、わらび、こしあぶら、木の芽、ウド、新茶、梅の実35Kgなどなど頂いた。みんなで「有難いね〜」と口々に大喜びして頂いた。

 先日、入居者H翁が95歳の誕生日を迎える事になって、お好きな食べ物のご希望を伺ったところ、「こちらに伺ってからうなぎを食っておらんね〜」といわれた。
 確かにず〜っと昔は、泰阜村でも天竜川にわなをかければ、普通に捕れて、よく食卓にのぼったものだったそうだが、「いつごろかうなぎはスーパーで中国産の冷凍うなぎを土用の丑の日に、行事のように食べているだけになったねと、あらためてこの時代が失った日本の宝について確かめたことだった。「でもK翁の誕生日にはうな丼パーティーを開いてお祝いをしなきゃ〜ね・・・」と話し合い、(そのかわり今年の土用の丑の日はなしということで)理事長が飯田のスーパーマーケットまで走ってうなぎを探した。
 しかし、しかし、うなぎがいない・・・のでびっくりした。その日の悠々の昼食会の人数は、スタッフ4人+定期清掃の業者さん1人+入居者9人なので、計14人前必要だ。申し訳ないがお一人半匹としても、うなぎは7匹必要となる計算で、スーパーの冷凍ケースの前で1匹1,480円のうなぎを手に取って「う〜ん・・・」とうなってしまった。「え〜!!中国産のうなぎが1匹1,480円?それが3匹しかいない・・・その奥に隠れていらっしゃる2匹のうなぎは1,980円・・・どうやらこちらが日本産らしい」
 結果、理事長判断にて中国産を3匹購入、スタッフのためには1パック480円の海鮮チラシを購入する事に決定した」結果的には「うなぎも食べたい!海鮮チラシもおいしそう!」と訴えるお年寄りにも、少しずつ分けあって皆でいただく事になった。
 プレゼントは、元新聞社の編集局長さんにとフリー日記帳がプレゼントされ、顔が隠れる程の理事長の庭先に咲いたピンクのバラの花束+デコレーションケーキとなった。
ところが、点灯したtデコレーションケーキに飾られているローソクを数え始め、「8本しかないよ、これはおかしいよ」とおっしゃって「95本(太いローソク9本細いローソク5本)が乗らなかったの」と理事長が許しをこうことで一件落着となった。
 その笑顔でいっぱいのお写真を少し離れたご家族(92歳の妹さん)にお送りすると、たいそう喜ばれたとのことであった。
 悠々の幸せのおすそ分けをこれからも続けて行けたらと思う・・・・
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode