ブログ

風の谷〜泰阜村    
    泰阜村調査から限界集落再生を想う

大雪が降ったり、春のような日差しに蕗の薹を頂いたりと泰阜村はいつもと変わらぬ季節の変わり目を経験している。その中で泰阜村の追跡調査データー入力とその分析に取りかかることで、私の心には一人一人のお年寄りの顔が浮かびその人々が私の心に住んで家族・私の心の一部となっている。この限界集落をどうするか!
 調査データーの中から一つだけ明るい宝物をみつけた。泰阜村の高齢者(2007年対象者616名)は、7年間のうち145名がなくなっているが、都会の子供たちに引き取られた転出者はたった10名しかいない。つまりほとんどの高齢者が、自分の家でなくなっている。データーでは(SF-8:全国平均と比べても)身体的にはあちこち痛いところを抱えながらも精神的には幸せだと感じているのだ。これは全国的にもすごいことなのだと研究者たちが驚きの声を発する。
 最後まで田畑にでて土と触れ合い、庭の花の手入れをし、四季折々の村の行事に参加し村民としての絆を深めている。お年寄りにも頑固者がいるがみんなで助け合って、年寄りが最後まで村で暮らすことを手助けしている。都会に出ていった若者たちが結婚に破れて子供たちを抱えて帰ってくるのもこの泰阜村の懐なのだ。
 「昔の日本はこうだったのではないか?」一人の研究者が叫んだ。「泰阜村こそ日本のふるさとの原風景なのかもしれない」と研究者たちはうなずき合った。
 昨日は徹夜で東京・御茶ノ水の会場での調査委員会に参加したが(日帰り)、実り深い収穫を得て幸せであった。
限界集落には、21世紀の日本を救う宝物が隠れているのかもしれない!それを解明するために、さあ今日も頑張るぞ〜。
 
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode