ブログ

風の谷〜泰阜村
 「第18回車椅子レクダンス全国大会inやすおか」顛末

 平成27年9月19日に人口1700人、そのアクセスの悪さから東京から最も遠い島と呼ばれる過疎山村泰阜村で「第18回車椅子レクダンス全国大会inやすおか」が開催され、全国各地から151名の村外の障害者を含む参加者を迎え、18日の前夜祭、20日の離村式・観光を終え無事閉会した。

  この小さな施設支部「悠々」理事長は、長野県で初めて車椅子レクダンスを導入し(2011年)県でただ一つの支部であるという因縁で、今回の実行委員長を拝命することとなった。振り返れば今回のこの大会は、3人の個性あるリーダーたち(NPO法人車椅子レクダンス普及会理事長、泰阜村村長、高齢者協同企業組合理事長)がそれぞれの立場で力を合わせ?、知恵を凝らしてやり遂げた奇跡のような大会であったということが出来るのではないかと思い、その顚末について整理してみることにした。
 そもそも今回の実行委員長を拝命した地域交流センター「悠々」(村民から悠々と呼ばれている)は、会員数20数名で発足(2013年)したばかりの小さな支部(泰阜村悠々支部)である。2013年、悠々にはじめて視察に来られたNPO法人車椅子レクダンス普及会黒木実馬理事長が「2015年の全国大会・長野大会は、この泰阜村でやりましょう!」と言われた際には、「え!全国大会って何のことですか」というのが、その際対応した悠々理事長本田の驚愕に満ちた答えであった。「それは無理です。人口1700人、高齢化率39%、山野率90%、協賛金を当てにできるような企業無し、借金の多さで倒産寸前全国第9位の自治体と新聞に取り上げられたこの貧しい村に、全国から集まってくる障害を持たれた参加者を含む300人を超える人々が輪になって車椅子ダンスを踊るということは、不可能です」とはっきりお伝えしたはずであった。しかし黒木理事長の第一声は「大丈夫です。できます。何も心配いりません。全国で初めての素晴らしい大会をしましょう!」がその答えであった。ちなみに後で知りえたことであるが、この理事長、防衛大学校卒後大佐まで務めた精鋭の軍人であったが、早期退職後社会福祉協議会職員を経て、車椅子レクダンスを考案され、各地の障害者施設で障害を持たれた方々に笑顔をとどけるボランティア団体「NPO法人車椅子レクダンス普及会」を設立され、北海道から沖縄までの支部402、NOP法人が養成したインストラクター数9800名(2015年現在)に上るという。その支部会員の方々が、南信州の過疎の山郷にやってくるということは、泰阜村に住む者にとっては考えられない無謀ともいえる暴挙であった。
 悠々支部自身も立ち上がったばかりの支部で、日々己の企業を維持するのが精いっぱいの状況下であったが前に進むしかなかった。(後に理事のお一人に伺ったところによると、「そんなことできません。支部を退会します。と言えばよかったのよ」と聞いて絶句し、「でも、車椅子レクダンスが持っているこの魅力を手放せませんでした。お年寄りが、子供たち(中学生)が、あんな笑顔で楽しくてたまらないという顔をして、副村長や議員さんや、日頃お世話になっているヘルパーさんたちと、共に手を取り合って踊るこの楽しさを手放せなかったのです。」とつぶやくしかなかったのだった。
 無謀ともいえる決意を秘めて、まず村長にアポイントを取り、車椅子レクダンスの意義、その楽しさがもたらすであろうこの村へのメリット、しかし同時に全国大会の開催は、開催地域のボランティアと地域企業からの協賛金によって維持されてきたこと等を伝えた。村長の心は「在宅福祉の村」での開催地に選ばれた誇りと、同時にその頭の中には、協賛金など捜しようもない貧しい村の人々の顔と、村の税金を使うことに猛反発を唱えるであろう議会の情景が目に浮かんだであろうことが推察された。国道はなく、唯一の村道は大型バスが入れない山道が多く、全国からそして韓国から訪れる何百人という(障害者を含んだ)お客様をどうお迎えするのか、苦慮されていることがわかった。そのため即答は頂けず、職員を2013年福岡大会に一人、2014年福島大会に二人派遣しその報告を聴取した上で可能性について検討し、GOサインが出たのは実に2014年12月であった。お金がないという点については、NPO本部理事長が様々な補助金を申請されたが、どれもダメで最後の手段として思いつかれたのが「レディフォー(クラウドファンディング)」という「趣旨:泰阜(やすおか)村全国大会に向けて、車椅子の方達を名古屋から泰阜村にご案内するための大型リフトバスの借り上げ料の不足金40万円をネットで募る」という方法であった。これにより、リフター付き大型バスでJR名古屋駅&中部国際空港からのお客様を、泰阜村の会場までお連れすることが可能となった。この時点で村長の号令一過、村を上げて村の事業として取り組む(補助金は村が出す)ことが決定し、一気に前に進み始めたのが5月の実行委員会であった。開催まであと4ヶ月、頼りない一支部の理事長の肩から、村の行政組織が重戦車のごとく動き出した。本田がやったことと言えば、実行委員会の進行にむけて関係調整し、一歩一歩前に進むことを願って走り回ったことぐらいであった。特に年間行事に押しつぶされそうになっている新任の中学校教頭先生にご説明し、生徒たちを大会に合わせて車椅子レクダンスのインストラクターとして準備することを渾身の願いを込めてお願いし続けたことである。これには、第一に全国レクレーション大会は文部科学省の管轄であること、それ故中学校は無関係というのはないのではないか?とのあつかましい説得と、中学生は泰阜村にとって最も重要な村民であり、村の事業として取り組まれるこの事業への参加は「村役」と受け取っていただきたいなどという、前代未聞のあつかましさで説得したことである。実際この村でボランティアに参加する余裕のある村民は、お年寄りと中学生以外にはいないのだから・・・。こうして、村の職員総勢44名+社協職員20名+悠々スタッフ12名+泰阜村中学校生徒38名・教員6名+観光物産展スタッフ10名+手作り昼食担当(五平餅・アマゴの塩焼き・猪鍋他)20名等+当日参加者・・・・・

  大会前日の18日は、早朝より村の職員全員で、参加者が到着する前に会場準備をすべて終え、施設訪問(特養泰阜荘)で泰阜村のお年寄りを大喜びさせ、その後に続く前夜祭は、当初の予定を20人も上回るお客様で会場は大混雑したが、泰阜大会は村長をはじめ村を挙げてのおもてなしとなった。
 大会当日19日は国会議員、県会議員の先生も来賓としてご出席を賜り、村民は一層元気を頂き嬉々としておもてなしを楽しんだ。大会宣言、来賓あいさつ等のあと泰阜村の伝統行事・やすおか太鼓演奏によるおもてなしで開会となった。
 村を上げて、村民の心が一つになって遠方より来村してくださったお客様をもてなすことは、こういうことなのだと皆は感じてくださったであろうか。参加者の言葉がそれを雄弁に語っているのかもしれない。

☆この中学生の笑顔、泰阜中学生のあの素直な楽しそうに踊っている姿を見たことは一度もありません。私たちの地域では不可能です。
☆村を上げて私たちをもてなしてくれたなどということをこれまで一度も経験したことはありません。
☆村中のお年寄りも壮年のスタッフも、子供たちも、村の村長も議員さんも共に手を取り合ってこんなに楽しそうに踊っている光景に感動しました。泰阜村以外でこんな姿をみることは決してないと思います。
 

   秋の日差しの中で「第18回車椅子レクダンスinやすおか」が多くの人々に感動を与えて閉会した。
 

コメント
素晴らしい記事です。どうも有難うございました。全国の支部にも読んでもらうように連絡します。
  • 黒木実馬
  • 2015/10/17 11:56 AM
黒木理事長のお言葉、大変光栄に存じます。理事長さんもお体に気を付けて、この意味深い事業を末永く続けられますよう祈念いたします。有難うございました。
  • 本田玖美子
  • 2015/10/21 7:57 AM
(第18回車椅子レクダンス全国大会inやすおか」大会の9/18前夜祭から20日の離村式、観光を終え 村民の皆々様の温かい心ずくしに大変感謝申し上げます。
当日の中学生さんの笑顔、振る舞い方等、我が市では
恥じらいが先走りし、素直な姿は見受けられないです。 来年度(H28.9.24)は、岐阜県大垣市で全国大会を開催致しますが泰阜村さんの様な盛り上げは出来ないと思いますが、精一杯努力し感動ある大会に尽力致します。 遊びに来てください。
  • 大橋俊雄
  • 2015/10/26 3:07 PM
コメントを有難うございました。何故か泰阜村は東京から一番遠い島と呼ばれています。その村の人々に、子供たちに、夢のような幸せをもたらしてくださった車いすレクダンス支部の皆様に、心から感謝申し上げます。有難うございました。
  • 本田玖美子
  • 2015/10/29 5:57 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode