ブログ

風の谷〜泰阜村   
   NHK受信料・考

 春の彼岸が過ぎると、泰阜村民はみんな桃色に染まったままなかなか開いてこない桜の梢を眺めないではいられない。顔を見合わせると「あんたんとこは咲いたかね」と訊ねあう。明るい陽射しにほっと心を和ませても、朝晩の氷点下まで下がる冷え込みに春の花々の便りが届いていない。田畑に耕耘機が入り、畝が作られ春野菜の植え込みが始まろうというのに、心躍らせるようないつもの春が届かない。そしてこの気候不順が響いたかのように、泰阜村のお年寄りが毎日のように彼方此方で亡くなられたという訃報が届く。毎週のように葬儀に駆け付け、故人の笑顔を思い出しながら参列する日々が続いた。寂しい。この寂しさはなんだろう。親族でもないのに、あの笑顔に会えないなんて、あの穏やかな声が聴かれないなんて・・・。共に泰阜に住み、泰阜の将来を憂え頑張った大切な人を失ったことが、体と心に堪える。私的なことながら母や父の法事も重なり、長い冬を越してやっと春がそこまで来たというのに、春と秋の彼岸にはたくさんのお年寄りが往くのだと思い知る。
 さて、悠々には先週NHKTV受信料の請求書が届いた(衛星放送は設置していない)。1年間で5万8千円である。お一人お一人の月2万〜3万円の年金生活をしている90代のお年寄りが、楽しんでみるわけでもなく、ただ寂しいからとつけっぱなしにしているTV1台ごとに既定の受信料を徴収するという。年金だけでは足りず家族が不足分を何とか捻出している状況下、おむつと同様な重さでお一人お一人から、これ以上徴収などできない。以前NHK受信料の徴収会社の方にそうお伝えして帰っていただいたが、無慈悲にも請求書が届いてしまった。さてこの無慈悲さ、どうしたらよいのだろうか。原発反対、戦争反対と同じくらい、日々のお年寄りの楽しみを奪ってよいものだろうか。要介護の重度障碍者には、NHK受信料の減免は効かないのだろうか。90過ぎていまさら精神障碍者の手帳制度を申請しようかと悩んではみるのだが・・・。
 このお年寄りを一日でも穏やかに過ごさせてやりたい思いが、このような無慈悲な仕組みでつぶされるのはたまらない。

 このブログを目にされた方々で、良い知恵があったら教えてください。泰阜村の90代の取り残されたお年寄り達は(単身独居の寡婦が大半)、2万〜3万円で生きているのです。私たち悠々がこれ以上の税負担でつぶされることのないように、どこに訴えていったらよいのか教えてください。
 
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村          94歳自立女性の入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村          94歳自立女性の入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 心はやれども・・・
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 心はやれども・・・
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       記念式典を終えて〜春本番〜
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       記念式典を終えて〜春本番〜
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村   悠々・サポーター達からの変わらぬ愛!
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村   悠々・サポーター達からの変わらぬ愛!
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村     結婚披露宴三次会?騒動
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村     結婚披露宴三次会?騒動
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode