ブログ

風の谷〜泰阜村    
 春の息吹に雪が舞って

春3月に入り、温かな日差しに誘われるように、悠々の住民たちがテニスコートほどもある庭へ散歩に出るようになった。「庭のあちこちに餅草があったよ、水仙の芽が出ていたよ」と告げながら「草餅が食べたいよ」とつぶやく。早速悠々では餅草は入らなかったがお餅をついた。あんころ餅、きな粉餅口に頬張り笑顔がはじける!3月3日にはちらし寿司のご馳走が出て、みんな健啖ぶりを見せてスタッフを安心させている。入居者総勢7名、皆それぞれに重度要介護が必要だ。

 その中でもうお一人のスタッフが病魔に倒れ入院手術となった。当分病との闘いが見込まれる中で、その働く仲間の回復を待つ間、スタッフ欠員のまま頑張ることになった。あと1年、健康になってこの職場に戻ってくるまで頑張りたいと思う。悠々スタッフは強い絆で結ばれている。まあ働く若い人が余っているわけでもないこの村では、仕方のないことではあるが、それよりもなによりも、その仲間の居場所を残したまま待っていたいというのが悠々スタッフの気持ちである。

 そこでフリーターの理事長が賄に入ることになった。山ほどの料理本を買い込んで、珍しいものを、入居者のお年寄りがびっくりする顔見たさに手を変え品を変え頑張ってみるのだが、年寄りたちが喜ぶのは昔なじみのちらし寿司、おはぎ、あんころ餅、カボチャの煮転がし、季節の天ぷら、きつねうどん・・・なのだ。そして泰阜村育ちのお仲間にお教えを乞うという次第になりつつある。

 76歳、一人で大人数の料理と格闘中である。そして今年は限界集落の班長になった。村役の指揮をとれるか・・・無理である。限界集落には強者の男衆が居て、ウロウロしながら走り回る76歳女子に、あれこれ文句をつけるのを笑いながら楽しんでいる気配がする。

フゥ〜、私の手帳はだんだん予定で真っ黒になり始めた。そういえば老人クラブも村役の一つであった。「私はまだまだ現役です」との言葉はもう通用しなくなった。先輩たちが高齢で運転できなくなったり、障害を負ったり、病魔に倒れたり、亡くなったりで、取りあえず運転する人ならだれでもいいと、言い逃れはできなくなった。老人クラブの役員を担う人が居なくなったのだ。老人クラブと銘打ったボランティアの主な作業は、真夏の県道沿い(何キロも続く)の花植え、草取り、水やりである。自分の家の庭の草取りも寝込むほど疲れるのに、この体力でできるのだろうかと思う。厳しい1年が始まる予感。それも6年に1回づつ回ってくのだった。フゥ〜・・・

コメント
「その仲間の居場所を残したまま待っていたいというのが悠々スタッフの気持ちである」。
 なんともあったかい言葉ですね。そんな思いはご当人に伝わり、きっと病状も回復されることでしょう。
 本田さんの八面六臂ぶりの活躍が鮮やかに伝わってきまして、お料理のくだりには、思わずニンマリしてしまいました。何事にも本田さんの真心を感じます。 でも、でも、あまり無理をなさらないでくださいね。本田さんがお元気でいることが、周りの方々を励ましているのですもの。 
  • 加藤充子
  • 2017/03/09 10:53 AM
何という励ましの言葉の暖かさでしょう。あなたの周りの方々はきっと、このようにいつも元気と勇気を貰っているのだな〜と確信します!私もあなたのお目に留まって、このように勇気と元気をいただいています。本当に有難うございます。さあ今日もがんばるぞ!
  • 本田玖美子
  • 2017/03/10 7:14 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村         ケアする者がバーンアウトするとき
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         ケアする者がバーンアウトするとき
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 泰阜村の初盆まいり
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 泰阜村の初盆まいり
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode