ブログ

風の谷〜泰阜村     
   春爛漫の夕に 翁逝く

 山裾が桜の花の薄紅色に染められた泰阜村の最も美しい夕べ、誤嚥で苦しまれたM翁が旅立たれた。覚悟はしていたものの、本人もその覚悟をなさっていると聞いてはいたけれど、この胸の苦しさは何なんだろうか。ご遺体をご家族に引き取られてしまうと、私たちには、それまで家族のように暮らしていた記憶だけが残る。そして寂しさに誰もが言葉を失う。この家の屋根の下でともに暮らしていたお仲間たちも、俯いて先に旅立たれたM翁を想う。

 入浴介助の時のおしゃべり、心不全で胸水が溜まった胸が苦しいと言われると、ベッドのギャッジアップの角度をあれこれ工夫し、クッションをあちこちに当てたよね(あんまり役に立っていたかどうかはわからないが・・・)。軟下剤を服用していても、誤嚥のために充分に食事の量が取れなくて、お雑炊と副食を少しに悠々の頂き物のおやつ+自前の栄養プリンやユンケル皇帝液等々では足りない摂取量に、日に何度も「便が出ないのが苦しい」と訴えられ、腹を温めたりマッサージしたり、摘便したり・・・やっと「出たー」と喜んでいても水様便だった。私たちはいっぱい昔語りを聞いたっけ、ともに驚き共感しその数々のご苦労に頭を下げていた。

 お姿が一瞬で目の前から消えてしまわれるのは、苦しいものだ。寂しくて、ただ共に暮らした日々の思い出だけが、繰り返し繰り返し胸に湧き上がってくるのをじっと耐えるだけである。

 最後の日々を家族のように暮らした施設職員も、このように喪に苦しんでいることを、世間にはあまり知られていないような気がする。

 今日は庭に出て、ニョキニョキと一面に生え出た草取りをしよう。何も考えずに・・・

コメント
前回のブログで紹介されていた92歳の方が永眠なされたのですね。温かく見守っていた本田さんをはじめ、スタッフのみなさんの悲しみを文面から想像しています。ただただご冥福を祈るばかりです。

 私は母を8年半介護し、見送りました。母の亡骸に声をかければ、いまにも「はーい」と返事をしそうな
いきいきした母の表情でしたので、私は大きな慰めを得たことを思い出します。

 母が亡くなって4年になります。、朝夕母の霊前に手を合わせていますと、時間の経過とともに、ただただ懐かしさと感謝の気持ちがあふれ、こみあげてくることもままあります。
  • 加藤充子
  • 2017/04/14 6:06 PM
今日は告別式があります。同室の重度認知症の妻は連れてくるなと釘を刺され、「夫はどこに行ったの、どうしてしまったの、いつ帰ってくるの」と毎晩毎晩リビングに出て当直の方に「寂しい」と不安を訴える姿を見て、「私たちがお連れして連れて帰るので、お別れだけはさせて欲しい」と訴え、「それならどうぞ」言われ、昨日自宅まで迷いながらご本人の喪服を頂きにまいりました。ここまで認知症を馬鹿にされるのか、邪魔にされるのかと残された妻の心を思い、私たちケアを担うものの心も抉られるような心持がいたしました。日本は一体どうなってしまったのでしょうか。日本は心を失ったままどこに向かっていくのでしょうか・・・。
  • 本田玖美子
  • 2017/04/15 6:06 AM
 
「ここまで認知症を馬鹿にされるのか、邪魔にされるのかと残された妻の心を思い、私たちケアを担うものの心も抉られるような心持がいたしました。」

 相手の心を思いやる「想像力」とか、「共感」。この国では、もはや「惻隠の情」という美しい日本語は死語に近づいているのかもしれませんね。国のトップをはじめ、震災の被害者に対するあの大臣の文言に、この国の劣化を痛感しています。




  • 加藤充子
  • 2017/04/15 3:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村         ケアする者がバーンアウトするとき
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         ケアする者がバーンアウトするとき
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 泰阜村の初盆まいり
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 泰阜村の初盆まいり
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode