ブログ

風の谷〜泰阜村   
   田本神社・春の大祭

  泰阜村に春の花々が咲き乱れ、晴れ上がった空に小鳥の囀りが響きわたる集落の真ん中にある田本神社で、今年も春の大祭が執り行われた。我が部落に祭りの宿六の大役が回ってきて、早朝から男も女も祭りの準備に駆り出された。この神社は本殿2棟、棟札2枚、神寶類16点、石造物10点が村指定有形文化財に指定されているものだ。神社の真向かいには大峰山の山城が聳え立ち、水張の始まった棚田を見守っているのが伺える。地元のもう年よりしかいなくなった集落だが、春と秋の例大祭には、今年生まれた孫たちのお宮参りが行われ、村人たちに披露されわが村の宝物のように祝福されるものだ。今年はその孫たちのお宮参りが一人もなく、寂しさが募った。祭りの後の直会(なおらい)の席の話題は、自然に「次の秋の祭りにはどこの嫁さんの腹の中の子が見られるかの〜」とのお年寄りからの切実な声が聞かれた。若い命の誕生は、我が集落にとって何物にも代えがたい寶なのだと思い知った祭りであった。

 その宝物が成長して小学生になった女の子は、祭りのメインイベントである「浦安の舞」の巫女さんに選ばれ、そのあどけない舞が奉納される。地域の人々はこの祭りを通して、小さな小さな集落の命の繋がりが、地元の神々に見守られていることを体験する。その祭りを通して、地域の絆を肌で感じるのかもしれない。

コメント
 「春と秋の例大祭には、今年生まれた孫たちのお宮参りが行われ、村人たちに披露されわが村の宝物のように祝福されるものだ。今年はその孫たちのお宮参りが一人もなく、寂しさが募った。」

 村の現状が痛いほど伝わってきました。私が住む池田町はなんとか1万人余の人口を維持しています。町をあげて人口増に取り組んでいるようですが、なかなか。高瀬川をはさんで対岸の松川村(安曇野ちひろ美術館、男性の平均寿命日本一)では目標だった1万人に達したことがありましたが、現在は1万人をきって、これまた松川村も人口増の取り組みに必死の様です。



  • 加藤充子
  • 2017/04/27 5:16 PM
わが村は人口1700人余、老単身独居が一番多く、次が老夫婦世帯、未婚子(男子)との同居世帯と続き、三世代同居はその次です。去年他県の婚活パーティから一人お嫁さんをゲットした男子が居て、村の感動を呼んでいます。このお嫁さん村の宝物!です。
  • 本田玖美子
  • 2017/04/28 5:27 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      悠々の翁の看取り
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      悠々の翁の看取り
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       第11回総会を終えて〜理事長交代
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       第11回総会を終えて〜理事長交代
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode