ブログ

風の谷〜泰阜村     
    〜浅黄色の森の中で〜

 泰阜村が浅黄色の美しい衣を纏って、ひっそりと佇む季節が来た。一年で最も美しい季節。「泰阜村のどこがいいのか」と例外なく視察者に尋ねられる。その質問を受けていつも私の脳裏に浮かぶのが、この全山浅黄色を纏った里山の風景である。命の迸りをはじけさせて、農作業に勤しむ村の年寄り達を包む。今一つわが村の知る人ぞ知る県立公園万古渓谷には、あふれるほどの水流を迸らせる渓谷沿いの燃え上がる新緑の光のシャワーを浴びて一日をゆっくり過ごす隠れ場所がある。多くの訪問客は感動のあまり言葉を失う。迸る水の音を耳に、愛らしい小鳥たちの姿を目で追い、そのさえずりに耳を傾けながら眠りに落ちる。森の発するフィトンチップの甘い空気を吸って、心も体も癒され大都会の喧騒の中に戻っていく。

 視察に訪れる訪問客をご案内すると、自分たちが何に疲れているのかがわかると言う。都会の人工音が吐き出す騒音と振動、排気ガス、夜中までまぶしく光る看板とイルミネーション・・・。それらが人間から生きるエネルギーを知らず知らずのうちに奪っていることを知ると言う。

 人は大自然のいのちの中で、いのちに支えられて・・・頑張らなくても生きていけるのであろう。

夜には満天の星が降り、満月にはその明かりで懐中電灯無しで歩けると知っていますか?幾重にも重なる山々の果ての遠いアルプスの稜線に落ちる夕日が天空全体を真っ赤に染め、小さな山村とそこに住む人々をも朱色に染めて一服の名画と化すのを知っていますか。

 桜が散り山吹の黄色が消えて、今は紫色の藤の花が里山のあちこちを彩っている。もうすぐ森の木漏れ日のなかに笹百合のやさしい群生が見ごろだ。

 悠々の庭も芝刈りを終えて、花壇には春の花が植え込まれ、小さな畑に春野菜の苗が植えられる。

悲しみを乗り超えて、独りの寡婦が少し元気になったか・・・。日々の小さな出来事に笑顔を見せるようになった。

 その笑顔を見て、スタッフ一同そっと安堵の息を吐く。今日は恒例の悠々の「生活リハビリ教室」でたくさんのお客様が来る。さあ〜、おいしいご馳走を造るぞ!がんばれ理事長!

 

 

コメント
このブログの一言一句をたどりながら、景色が思い浮かび、私も深呼吸をしました。なんて美しい光景でしょう。季節の巡りのなかで、命の恵みがあふれています。

 一昨日草津方面に出かけました折、途中の吾妻溪谷(関東の耶馬渓の異名)で楽しんだ周辺の山々の美しさをほうふつとさせる本田さんの描写です。素敵です。

 ご主人を亡くされた夫人が笑顔を見せるようになったこと、私もとてもうれしいです。
  • 加藤充子
  • 2017/05/14 11:16 AM
不思議ですね。こんなにも悲しみに沈んでいた人が、初夏の息吹の中で、ゆっくりと癒されていくのを見ました。大自然はどのような妙薬より心の痛手を癒すのですね。そして私たちも、その自然の子供たちの一員だと知りました。
  • 本田玖美子
  • 2017/05/15 5:56 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      悠々の翁の看取り
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      悠々の翁の看取り
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       第11回総会を終えて〜理事長交代
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       第11回総会を終えて〜理事長交代
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode