ブログ

風の谷〜泰阜村    
  天からの慈雨のごとく

 先日、何故か胸騒ぎがして大学時代の恩師にお電話をおかけした。お声に力がなく何が起こったのかと問うと、「長年連れ添った妻を失い独りで暮らしている。自分で苦労して立ち上げた精神の授産所からも辞任を通告され、仲間を失い生きていく目的を失った。ヘルパーさんが来るけど・・・」これを聞きながら、福島在住のその方が東日本の大震災に被災され、その後始末も手つかずにいることも知り(蔵書が部屋中に散らばり積み重なっているらしい)、お見舞いに行かねばと心した。

 時期を同じくして大学時代の我が秘蔵子ゼミ生からも電話を受け「会いたい」と言う。この子も(もう30代半ばだが)東日本大震災被災者である。共に大学時代の恩師を見舞いに行くことになった。私は朝4時半起きでの福島行である。

 その突然の思い付きが元学生たちの間にラインでまわり、何故か元老教員二人を慰労する会に発展した。福島の老舗温泉旅館に連れて行ってくれるという。据え膳盛飯とはこうゆうことを言うのか、子供たちに囲まれて「温泉」に入るってこんなに心も体も休まるのかと、思い出してもこんなに幸せな事を経験したことがなかった。

 老恩師と私(共に後期高齢者)は、いつの間にか立派に育った(福祉分野ではそれぞれの場で中堅管理職に就いていた)子らにケアされ、「本当に幸せだね〜、生きていてよかったね〜」と言い合った。

 その夜は、女子部屋で2次会となった。飲むこと飲むこと、へェ〜あの時の心細そうな子供たちがイッチョ前のおばさん、おじさんになってしまって、それぞれの福祉現場で悪戦苦闘している状況の打開策について検討会+共感となっていた。脇でそのディスカッションを聞きながら、ますます福祉現場から人間の良心が失われていく現実と悪戦苦闘している子供たちをみて、このように育った次世代の子等に出会えたことを心から天恵と感じた。山の奥深くで孤軍奮闘していると思っていたが、この子らが日本中に散らばって戦っているのだと知った。

 「先生のブログ見てますよ!」と口々に言う。「卒業して10年経って、よく考えてみると大学時代に先生が言っていたこと、やって見せてくれたことを、自分もやってるじゃんと気が付いたの。先生これって先生がいつもやっていたことですよね。」うんうんと頷きながら涙がこぼれそうになった。

 実習巡回に行くと、泣きながら「もうこんなの人間のやることじゃありません。虐待です。それを実習指導担当者からやれと命令されたり脅されたりするんです。私はもう福祉は向いていないと思います」と言われたことを思い出した。介護保険の経済的締め付け10年前よりももっと厳しくなったこの時期に、この子らが雄々しくも優しい心を失わずに、日々の実践の中で「基本的人権」のために、心と知恵を尽くして戦っているのを見た。

 天からの慈雨を浴びていると感じていた。

私も、置かれた場所で死ぬまで、力を尽くして「基本的人権」のために闘おうともう一度心に誓った。

 

 毎年縦ゼミ会(教え子1年から4年生まで約600人?)を持ち回りで開くことに決まったらしい。来年は日光だとか・・・

 元気でいなくちゃ!理事長!

 

 有難う!有難う!嬉しいよ!こんな嬉しいこと教師冥利に尽きると言うそうだ。本当に有難う、みんな元気で頑張れ!

 

 

コメント
PCが戻ってきました!思ったより早く戻ってきたのでよかったです。
 今回のブログ、うれしくうれしく拝読しました。

 「卒業して10年経って、よく考えてみると大学時代に先生が言っていたこと、やって見せてくれたことを、自分もやってるじゃんと気が付いたの。先生これって先生がいつもやっ ていたことですよね。」うんうんと頷きながら涙がこぼれそうになった。
 
 本田さんは、「美しき種まき人」ですね。まかれた種は美しく育っていました!そしていまも、本田さんはよき種をまき続けているのだと心から思っています。

 
 
  • 加藤充子
  • 2017/07/15 10:26 AM
お優しいお言葉が胸を打ちます。今悠々は緊急事態に陥っておりまして、スタッフのお一人が癌の闘病中、もうお一人が熱中症で倒れ敗血症を発症し、闘病中です。急遽賄いを担ってくれていたスタッフ(非常勤)をケアに回し、朝夕の賄いを理事長が早朝5時起きで担うことになりました。この理事長、実は会計事務・総務・渉外を担当しており、休日、休憩時間が取れなくなりました。倒れたら組合は解散という覚悟です。スウェーデンの協同組合も10年で解散となりましたが、今悠々も同じ運命の瀬戸際にあります。残された時間はあと1年と少しです。働く人を探しましたが、今のところ見だせないでおります。通勤に余りにも遠く通えないのです。村内の方はすべて社協に吸収されております。どうしたもんやら・・・
  • 本田玖美子
  • 2017/07/16 4:41 AM
ウーン、悠々はいまたいへんな事態なのですね。大変ななか、お返事をいただいたことに恐縮しています。
 私はただただ、事態が好転し、本田さんの体調が守られますよう、祈るばかりです。
 なお、このコメントに対するレスは無用です。
  • 加藤充子
  • 2017/07/16 11:25 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         台風一過とお年寄り達
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         台風一過とお年寄り達
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode