ブログ

風の谷〜泰阜村     
     施設でのケアの限界とは・・・

 北信では今日も雪が舞うと聞き、2,3日前に融雪剤18袋を集落の急坂な村道脇に置いて回った。1袋25Kg のそれはあまりにも重く、女の年寄りでは引いても押してもびくともしないということで、やはりご近所の70代後半の男性が軽トラックでやってきて「手伝うから横に乗って」と言って、手伝っていただいたが、それが要因かどうか2日後に入院してしまった。うちの部落は総勢10軒、そのうち80代の寡婦が二人、単身赴任で一人残された老妻が二人、80歳を超え障碍を持っていて重い仕事ができない人が三人、重い病気の療養中の男性一人、ということで6軒は班長の仕事が困難である。自分の地域を愛していて、離れられない者たちが助け合って暮らしている。その年老いた仲間たちに厳しい冬が到来した。

 悠々はその年寄りたちに灯火となるか?心を温める焚火となれるかが今から試されるのであろう。

先の総会の来賓あいさつで、村長が「この事業が真に村民に受け入れられるようになるのには10年、20年かかるのであろうと思う。がんばってやってください」と今後を託されたが、前にずらりと並んだ役員の顔触れは、紛れもなくくたびれた年寄り達に他ならない。それを受け懇親会では、「月に1回はボランティアをしに通ってくるよ。息子たちと相談して村に移住するか相談してみる」という厚木在住の組合員の力強い言葉を頂き、神奈川在住の新入会組合員のお一人は「冬の自家用車は厳しいから、電車でくる方法を調べるよ。月1回は来るようにするよ」とやってみればあまりにも遠い距離に閉口するのだろうが、そんな嬉しい希望の灯を置いて行かれた。

 さて悠々では悪性腫瘍の短期療養入居者をつぎつぎお預かりし、(入居者は少ないのだけれど)最少のスタッフで対応している。週1回の市立病院への通院介助、ご本人とともに入居されているご家族のケアも担いながら、徐々に重くなる症状に悪戦苦闘の日々に突入した。大変なのは、医師に指示された重要なケアを、本人が頑固に拒否されることである。この時、本人の意思を尊重(自尊の心)すると、病状が新たな段階に突入することが確かであるとき、(専門職による特別なケアを必要とする時)それを放置することはできない。

 これが施設のケアの限界であろうか。

本人は、病院からの帰途車中で「あと1年、2年は生きたいな・・・」と呟かれる。

「車は運転したい。議員の仕事も悠々の会計事務も自分がする。正月は家に帰って家族とおせち料理を食べる。トイレは自分で行く。ケアは必要な時にしか要らない」とがんこに貫かれる。

 人は本当はこうやって最後まで自分らしく生きていたいのだ。 

コメント

 うーん、重たい課題をいくつも抱えて奮闘している本田さんやスタッフの方々を思い浮かべています。

 「人は本当はこうやって最後まで自分らしく生きていたいのだ。」という本田さんの言葉は、わが身を顧みるとき心に迫ってきます。私もそうありたいと。そう願っている人へ寄り添うことが、事情によってはいかに困難なことか、も。
  • 加藤充子
  • 2017/12/03 7:15 PM
有難う・・・加藤さん
  • 本田玖美子
  • 2017/12/03 9:08 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         台風一過とお年寄り達
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode