ブログ

風の谷〜泰阜村
  理事長の条件について

 正月も明け、今日は七草がゆをやろうかという朝6時、ベッドから抜け出そうと体を起こした途端洗濯機の回転ドラムに放り込まれたような眩暈が襲った。トイレに行きたいが立ち上がれない、無理に動こうとして床に転げ落ちた。床を這ってトイレまでたどり着き胃液を吐いた。浴室の洗面器を引きずり出しトイレットペーパーを引き抜いてベッドにたどり着き、さてどうするか。夫が単身赴任のわが身は、単身独居高齢者そのものなのだった。窓の外は牡丹雪が降っている。悠々のスタッフは一人朝ケアで9時までは身動きが取れない。しばしじっと頭を枕に押し付けたまま時を待つことにした。9時すぎ、かかりつけ医の循環器内科クリニックに電話する。「目が回って起き上がれれない、吐き気が止まらず吐き続けている。どうしたらいいか」Dr.「頭痛はするか、手足の痺れや麻痺はないか」「いいえ頭痛はなく手足の痺れもありません」Dr.「じゃ睡眠不足や疲れからくる回転性眩暈だと思うから。ゆっくり寝ていなさい。それが一番の薬だよ」「はいわかりました。そう致します。どうも有難うございました」となり、昼の12時まで寝ていたが、雪はどんどん本格的に降ってくるし、吐き気は止まらず、とうとうペットの餌やりを悠々にお願いすることにし、スタッフに電話をすることにした。脱水症状になる可能性も考え夜まで待って病院に駆け込む非は避けたいと考え、「誠に申し訳ないが」と言ってお隣のNさん(山の反対側に住む)にすがるしかないかと電話をかけた。直ちに駆け付けご夫婦二人がかりで病院に運んでくれた。山道を下る車の中ではビニールの袋を被って吐きに吐いたが、嫌な顔一つせず病院に運び込んでくれた。遠くの親戚より近くの他人(親戚以上義兄弟!)とはこのことを言うのだろう。

 県立病院、休日なのにドアを開けていてくれる病院が存在することのありがたさをこの身で知って、改めて涙が出るほど有難かった。一日点滴し、一昼夜死んだように眠って翌朝、眩暈が止まりトイレに行けるようになり朝食のおかゆを少し食べ、吐き気が上がってこなかったので、退院となった。

 10年間で車ごと崖から落下したことが1回、寝起きに転倒して右膝蓋骨骨折が1回、インフルエンザ罹患が1回、(いずれも自宅療養)そして今回の疲れのための入院である。こうしてみると不注意が2回もある。

 入居者が重介護になり、スタッフも年を取ったり病で倒れたり、そして今年は大切な役員のお一人を昨年末26日に亡くした。

理事長も来月は77歳となる。

 どこも人出不足が経営者を追い詰めている。零細企業の悠々、人事管理もやり、事務もやり、人出がなければケアもやり、賄いもやる。つり橋を渡っているような日々である。

 そこで理事長の条件、若くて健康。そして人に対する愛であろう!!

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      時代の先駆けY市長にお会いして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      時代の先駆けY市長にお会いして
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      鬼の攪乱後処理 
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      鬼の攪乱後処理 
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村   入居お問い合わせから(家族の窮状/行政の窮状)
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村   入居お問い合わせから(家族の窮状/行政の窮状)
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      新しいお客様(認知症の方の苦悶)
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      新しいお客様(認知症の方の苦悶)
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村          施設でのケアの限界とは・・・
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村          施設でのケアの限界とは・・・
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode