ブログ

風の谷〜泰阜村
  悠々・サポーター達からの変わらぬ愛!

 泰阜村の里山が浅黄色に包まれて、地の底から立ち上るような生命の力を感じる。その泰阜村に、一昨日愛犬を連れて久しぶりに訪れて下さった10年来の組合員にお会いした。愛車ポルシェに乗られて颯爽と自宅の玄関に顔をのぞかせた時、懐かしさで心がいっぱいになった。超が付くほどのご多忙の関西方面の病院経営者である。「元気か?」とまず聞かれる。「え?あ〜、ええ・・・」と答える。「10年経って経営状態は順調に推移しておられるのか?」。痛いところを突かれる。答えに詰まりしどろもどろの口をあうあうさせているともう察してくださって、私の言い訳をじっと目を見ながら耳を傾けて聞いてくださる。

 苦しくないはずがない!それをどうやって切り抜けてきたかを探られて、最後にいつもの私の言い訳「もうだめだと言う時に天が私を見捨てないで、悠々で看取られた子供のないあるお方が、遺言状に理事たちがひっくり返るほどの遺産を寄付してくださって、実はまだ・・・当分の間倒産しません。大丈夫です。それと『この悠々があるから私は安心して歳を取っても最後まで自宅で頑張れる』と言う方がおられるので、頑張れます」。遺言状と聞いてびっくりなさったS氏は、悠々の10年間の主事業が、お年寄りにはデイサロン(デイサービスが苦手な男性群の利用)と食堂(子供たちが帰省すると一家そろって利用&授産所の帰り道に友人との夕食等)、ケア付き民泊(術後退院後の短期入居&家族の都合によるお預かり)等安定的に増えていることなどをお話しして安心していただいた。

 大都会のこのような経営者にとって、10年間無給で働く経営者が、人出のないすべての職種をカヴァーしながら這いつくばって続ける意味について深く考えるとおっしゃった。

 そう、私はこの大自然生命があふれ、四季折々にその見事な顔を見せる神秘の山里が好きなのだ。そしていろいろあるけど、その山里の民たちに愛されて見守られていることで十分幸せなのだと感じていただけたようである。

 「5月13日にはどうしても仕事があって出席できないので顔を見に来たのだけれど、泰阜村は本当に素晴らしい!!」と感動して帰られた。それだけがただ嬉しい。さあ明日からは10周年記念式典の準備に追われる。

 大学教員時代の教え子から次々と式典に飾ってと豪華な胡蝶蘭が届けられ、沖縄の友人医師からは泡盛の樽酒が届き、岩手からは銘酒の6本入りケースが届いている。

 参加できないからとあふれるほどの愛を頂いている。「もう辞めたいなどと言わせない!」・・・「わかったよ!がんばるよ!」

コメント

もう、うるうるしながら拝読しました。

 心を込めて、10周年、おめでとうございます!!
  • 加藤充子
  • 2018/04/30 12:40 PM
加藤さん  お祝いを有難うございます。もう友よ!とお呼びしたいぐらいのお優しいお言葉の数々に支えられ、励まされて今日があるのだと、改めて感じます。本当に有難うございます。
  • 本田玖美子
  • 2018/05/01 9:38 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         台風一過とお年寄り達
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode