ブログ

風の谷〜泰阜村
心はやれども・・・

 5月,今年の春はやっぱりおかしかった。真夏が来て2,3日後には炬燵やストーブが欲しかった。入居者のお年寄り達も体調が思わしくないようだ。そしてこの老体も10周年記念式典の喧騒が収まっても、いつまでも疲れが取れず今回倒れた。薬の数がまたまた増え、年を取るということはこうゆうことなのだと感じ入った。

 我が庭のヤマボウシが真っ白な花をやっと咲かせ、笹小百合の蕾が大きくなってきた。ゆっくりと密やかに初夏の気配が始まっている。あの浅黄色に包まれた里山は深い緑に変わり、悠々の軒先のツバメの巣の雛たちも大きくなった。悠々の庭には雉の親子が姿を見せるようになった。

 新しいお客様たちの訪問が続き、お問い合わせの電話が増えている。私たちは少ないスタッフで頑張る・・・と言うつもりであったが、一番先にやはりこの年寄りの体が音を上げた。心はやれども,である。

 さて,この人出不足の危機をどう乗り切るか・・・。その時に天は悠々を見捨てなかったようだ。30代の山形出身の若者が悠々とご縁が出来,あれこれと助けていただけることとなった。独り親方と言うのであろうか。大切な彼の家庭を守るために、村の重鎮のあちこちに声がけし,彼の仕事を途切れないように村のみんなでサポートしていこうということになった。

 過疎の村にとって大切な労働力が,私たちを助けてくれると言うのだ。大切に守らなければ罰が当たる,と思う。 

コメント

「この老体も10周年記念式典の喧騒が収まっても、いつまでも疲れが取れず今回倒れた。薬の数がまたまた増え、年を取るということはこうゆうことなのだと感じ入った。」

 大きなイベントの後、疲れが出ないといいなあと案じていました。気がかりだったことが現実になり、心を痛めています。

 でも、どんな時でも、本田さんは現実の中に希望の言葉を出されていますね。今回の若者の出現のように。

 本田さんの体調がきがかりです。どうぞご自愛くださいますよう、心から願ってやみません。
  • 加藤充子
  • 2018/05/28 11:52 AM
加藤さん いつもお心に掛けていただき有難うございます。本当に天は、小さな人々の苦しみをお見捨てにはならないのですね。今回も助けられました。これも大自然の中の大きな宇宙的命の営みがなせる業なのでしょうか。
  • 本田玖美子
  • 2018/05/29 6:35 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      秋深し・・・悠々も秋日和
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村        悠々指定管理者更新!
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 癌のターミナルケアを共にして
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         台風一過とお年寄り達
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         台風一過とお年寄り達
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode