ブログ

風の谷〜泰阜村    
   要介護4退院患者M氏をお迎えして

 2か月前に脳梗塞左麻痺重度で緊急入院し、何とか命を取り留めた92歳の男性が、リハビリ入院を終えて夫を待つ妻の下に帰ってくる...。要介護1だった彼は要介護4となったけれども、見守り付き歩行器歩行、介助付き嚥下食、見守りポータブルトイレと重度の介助付きの身になって戻ってきた。問題は精神的に自律神経失調症を抱えている90代妻との同室での生活である。

 可能な限りケアは私たちスタッフがやるので、緊急時の通報をお願いすることになる。

最後まで、ご家族を支えながら懸命の支援をお約束した。どんなに介護が重くなっても、長年連れ添ったご夫婦でともに残りの人生を過ごせるように私たちで、全力を尽くそうと思う。

 もうお一人時期を同じくして85歳の女性が永住入居を希望してこられた。81歳で転倒骨折し骨粗しょう症があると言うことで手術は受けられず絶対安静にして自然治癒を待つという医師のご判断で、4年の間寝たきりの3ヶ月事の施設移動が続いた。要介護度が1と言うことで特老には受け入れてもらえず、老健をたらいまわしにされていた。諸事情があって61歳の長男一人がこの母親の世話をしていた。他の家族はみな病や障害に倒れ、彼だけが家族の介護・療養を引き受けていたのだが、限界に来たとの訴えがあった。

そのお年寄り85歳要介護1をお受けすることになった。車椅子見守り介助の彼女の問題は、精神的問題を抱えているとの情報があるが、普通のお年寄りが4年間も施設を放浪して生きていなければならないなど、精神的におかしくならないほうがおかしいと思う。

 このお年寄り手がかかりそうだが大切にできるだろうか・・・大切にしようと思う。

 それにしてもスタッフの人員が足りない。朝ケアに一人のヘルパーが獅子奮闘しても30分もかかる。その方々を3人も抱えていてはスタッフがつぶれる。労働基準監督署の目も光っているし・・・理事長が賄い週2日と朝ケアをそれ以上抱えるなんてこといつまで続くことやら・・・と思う。せめて朝ケアだけでも介護保険サービスの巡回サービスをお願いしたいものである。

 社協も人材不測で振り回されている現状では、これもなかなか難しいとのことである。

さて、困っているご家族の支援を続けるためには、強力な人材を確保するという理事長の力量が求められる正念場にかかっているということであろう。

コメント

うーん、身につまされる思いで拝読しました。母を8年半介護してきた私には、悠々の、のっぴきならない現状が痛いほど伝わってきます。

 そんな状況の中、「最後まで、ご家族を支えながら懸命の支援をお約束した。どんなに介護が重くなっても、長年連れ添ったご夫婦でともに残りの人生を過ごせるように私たちで、全力を尽くそうと思う」と。どこまでも入居者に寄り添っていこうとしているのですね。

 強力な人材が欲しい!どうか人材の確保がされますように!! 私は手を合わせることしかできません。

 本田さんの現状に、どうか本田さんの体調が守られますよう、一刻も早く人材が確保できますようにと念じるばかりです。
  • 加藤充子
  • 2018/06/26 3:46 PM
加藤さん 有難うございます。そのお言葉が私を、私たちを支えます。感謝です。
 でも役場の担当者から10年間も赤字経営だった。経営能力なし!と厳しいお言葉を頂き、「福祉は金もうけではできないと思う・・・」とお伝えすると、「それはあなたの趣味でしょう!」と言われめげています。この人たちを助けるのは、『日本人の正義』だと思うのですが・・・
  • 本田玖美子
  • 2018/06/27 5:52 AM
 
 本田さん、役所の方の言葉にあきれ、憤慨しています。そんなひどい言葉を本田さんに投げるなんて!!
悠々の何も知らないで!と情けないです。もし知っていて、そんな言葉を出したのなら、なおさら許せません!

 本田さん、どうぞめげないで!! 
 
 最近の世相は国のトップをはじめ、不正、嘘つきがまかりとおっている風通しの悪い状況です。そんな中、本田さんの生きる姿勢は、大きな励ましです。めげないでください!! 無理を重ねて、本田さんの体調が崩れることが何より気懸かりです。
  • 加藤充子
  • 2018/06/27 3:43 PM
加藤さん 有難う!感謝です。この励ましが支えとなってどれほどの力を発揮するかご想像ください。今、10年間の記録をひっくり返して総括を行っております。私の後に続くどなたかのために、その記録を残しておきたいと思っています。でも打ち寄せる波のように本人が気づかずに私へのダメージを与えているなどと言うことは、生きていればよくあることと思います。その中に加藤さんのようなお方と出会えて、このサポートが、このお心配りが私を10年間支えて下さったのです。先日ふと思ってあの人この人と数えたら10本の指では足りませんでした。私は幸せな人生を送ってきたのだと実感しています。感謝です!
  • 本田玖美子
  • 2018/06/27 7:09 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村          94歳自立女性の入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村          94歳自立女性の入居顛末
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode