ブログ

風の谷〜泰阜村   
   悠々の翁の看取り

 南信州に雪の便りが聞かれるようになって、村道にはふかふかの落ち葉が敷き詰められ里山の雑木林は奥まで木漏れ日が差し込み明るい光が届くようになった。しかし一方で最近の異常気象による寒暖の差で体調を崩しお亡くなりになるお年寄りが増えた。

 悠々でも要介護5の92歳の翁が昨日逝かれた。脳卒中の後遺症に苦しみ寝たきりで重度の嚥下障害を抱えながら9か月もの時を生き切った。JAの組合長も務められ、村長選を闘い、村会議長を務め村ではその名を知らぬものがないほどの功労者であった。病院で「あなたのご趣味は?」と聞かれ、「政治かな・・・」としか答えられぬほどの生涯であった。

 入浴時ゆったりと湯につかりながら、零れ落ちる昔話はケアスタッフを感心させた。こんな愛すべき人柄を身近な家族は知らないのかもしれない。このM翁はケアスタッフにとても愛されそのやり取りは聞いていて思わずこちらも笑顔になるほどの魅力があった。食事を拒否するようになってから1週間、水分摂取を嫌がるようになって4日ほど、肺炎と脱水症が進み、予測される最後が主治医の東京出張時に重なるということで、水分補給の点滴をお願いした。先生のお帰りまで最後の息を引き取る瞬間をできるだけもたせたい、中国にいる長男の帰国に間に合わせたいとの理由からであった。

 その点滴が切れ、その日の夜中には主治医が駆け付けるという日に、大きな息を一つして、それが最後の息となった。穏やかなお顔は威厳に包まれ、偉大な一つの魂がこの村から消えた。この時代の変化は、こうして偉大な志をもった重鎮が一人、二人と消えていくことで泰阜村のあの「人を思いやる優しさ」が消えていくのだと感じる。大きな声で自己主張をする若い人が力を握り、貧しく力なき弱い者が守られてきたこの村の宝は、人間力であったかと思い知らされることであった。 

コメント

 本田さん、これまでいくつの死に向き合ってきたことでしょう。

 「穏やかなお顔は威厳に包まれ、偉大な一つの魂がこの村から消えた。」
 
 この文言のなかに、その方が、悠々で幸せな時間を過ごされたことを思います。

 88歳で亡くなった私の母の面は、現役の頃の生き生きした表情で、私が名前を読んだら、「ハーイ」と返事をしそうでした。八年半の介護の間にはいろいろありましたが、安心しきってお別れしたと思える表情に、私は母から守られた、と感謝せずにはおれません。
  • 加藤充子
  • 2018/12/09 5:07 PM
加藤さん ケアする人は、それが子であっても介護者であっても、共に最後の息を大きく吸って次の息継ぎを待って自分も息を止めているのだと気づきました。この翁と此の世で共に息をしてきたのだと知りました。最後の息の次が来るまで、私は息を止めている自分に気づきませんでした。
 幾人の方をこうやってお見送りしたでしょうか。その喪失感は家族と同じです。
  • 本田玖美子
  • 2018/12/10 7:30 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      悠々の御年取り
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      悠々の御年取り
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 悠々・新体制発足   激震走る!   
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 悠々・新体制発足   激震走る!   
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode