ブログ

風の谷〜泰阜村    
   悠々の春

 悠々の周りの山里が春に突入した!お茶の時間の話題は、蕗の薹が裏のNさんの斜面に見事に生え揃っているよ。土筆がNさんの田んぼのぼた(土手)に芽を出していたよ。「土筆はきんぴらにして食べると美味しいよ」というセンター長に、お婆様たちが声を揃えて「ありゃ草だに、あんなもん食べりゃせん」、「じゃ、今度土筆のきんぴらを食卓に出しましょう!」とかしましい。

 ある日安曇野に住む友人からびっくりするような便りが届いた。

 悠々の年寄りたちに有名な映画監督が「出前映画」を上映するために、悠々を訪れてくれるらしいとの情報である。そこで90代のかしまし婆様たちに、「ねぇ、貴方たちはどんな映画を見たいのかね〜」と振ると、「わし等が若いころは温田駅まで歩いていってそこから飯田線で1時間も電車に揺られ、そこからまた飯田の街中の映画館まで歩いて行って、映画を見るのが一番の楽しみだった。」という。みんな口々に「青い山脈を見たね〜」、「わしは愛染かつらを見たよ」みんな声を揃えて歌いだした。「花も嵐も、海超えて〜♫♪」この年寄りたちだって青春歌は歌えるのだ。それからというものだれかが「愛染かつら」の主題歌を口ずさむと、一斉に声を合わせて歌いだす・・・。実は重度の認知症を疑われているお婆様も含まれている。

 「若いころは歌が好きで、こんな歌をよく歌っていたよ。いつもいつも口ずさんでいたよ」と述懐する。

 聞くところによると、デイ・サービスで歌わされる歌は、あまり歌いたくない歌だ」と言い張る。

最近入所したTお婆様は読書が趣味で、本屋大賞を取って有名になった葉室麟さんのフアンだということで、悠々図書コーナーを座りこんで覗いていた。葉室さんの最新作を捜し出して大喜びで、早速お部屋にこもって読みふけっている姿を目撃した。単身独居の身、認知症を疑われて親族に入居を勧められたのだが、彼女にはこんな能力も隠れ持っていることを誰も知らなかったらしい。

 「私は悠々に来てよかった」とため息のように呟かれる92歳の婆様、幸せをちょっぴり見つけられてよかった。

 

 

 

 

コメント
入所しているお年寄りの幸せな姿が浮かんできて、私までほっこりします。

 土筆のきんぴらを私はまだ食べたことがありません。もっとも、きんぴらを作れるほどたくさんの土筆を探すのは、この辺ではちょっと思いつきません。

 「Tお婆様は読書が趣味で、本屋大賞を取って有名になった葉室麟さんのフアンだということで、悠々図書コーナーを座りこんで覗いていた。葉室さんの最新作を捜し出して大喜びで、早速お部屋にこもって読みふけっている姿を目撃した」

 こんなお年寄りの姿もうれしいですね。葉室麟さんといえば、昨年、彼の作品「散り椿」(岡田准一主演)の映画を見ました。見終わった後も余韻の残る美しい映画でした。
  • 加藤充子
  • 2019/03/11 10:04 AM
加藤さん 実は葉室麟さんの隠れファンは私だったのですが、92歳の婆様までお仲間だと知って、その作品が与える影響の広さ深さにもう一度感動しています。お亡くなりになって衝撃を受けた一人です。
  • 本田玖美子
  • 2019/03/12 6:46 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村      理事会顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      理事会顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村   「家族会」と言う名のボランティア
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村   「家族会」と言う名のボランティア
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       〜研究者魂に火がついて〜
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       〜研究者魂に火がついて〜
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       〜研究者魂に火がついて〜
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       初夏・若葉色の風を浴びて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       初夏・若葉色の風を浴びて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      浅黄色の風を浴びて〜悠々の婆様たちの暮らしぶり
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode