ブログ

風の谷〜泰阜村   
   春・悠々のお年寄り達との新たな暮らしへ

 我が書斎の窓ガラスの正面の黒文字の木が、黄色の小花をちりばめて「ほら、春が来たよ」と私を励ます。大切な二人の介護スタッフが悠々を去る日が近づいている。残り10日・・・。要介護の御婆様を含めて5人のお年寄りを不肖センター長となった私が一人でお世話することになった。朝7時の朝ケアから夕食後の夜のケアが終わるまでの18時半までの実に11時間半、休日なしでどこまで続くのだろうかと苦しむ日々が続いた。

 噂では、当時村はこの建物が建ったら本田の消えるのを待っていたらしいとは、先日聞いたことであった。総ヒノキ創りの建物は私の計画書にはない物であった。私の計画は古い空き家の民宿をお借りすることであった。その民宿の改造費用500万円を補助していただきたいと願い出たことが設立のそもそもの発端であった。それが出来上がってみれば2億円もかかった総檜創りの豪華なケア付き民宿となった。従って入居費はどんなに削っても17万円(含消費税)となって、この村の私が助けたかったお年寄りが利用できなくなってしまったのであった。その頃村では、この建物を使ってあれをしたいこれをしたいとの計画があったらしい。

 当初悠々が提案した事業計画は、10年経った今では村が補助金を使って殆ど実行している。もう悠々で本田が頑張っている意味は、この村にはなくなったことを示すのかもしれない。

 しかしそれでも頑張りたいと私を励ましているのは、「先生、わしの死に水を取ってくれるかね」、「最後までわしはこんなに穏やかで幸せで生きていてもいいのかね〜」、「わしはここで死にたい」と口々にいうお年寄り達を放って、自分一人楽になれない理由がある。その残りの生涯を引き受けてしまったからには、その約束をなかったことには出来ない。最後まで責任を果たすこと。自分の幸せよりも人の幸せをまず考えて、最後に自分が幸せだったらいいなと思っている。 プロとは、自らの責任を最後まで放棄しないことであると今は亡き父の遺言である。

 

コメント
今回のブログ、いろいろな驚きをもって拝読しました。

 「噂では、村はこの建物が建った時から本田の消えるのを待っていたのだとは、先日聞いたことであった。」
 
エッ、嘘でしょ、そんな話。驚きです!

 「朝7時の朝ケアから夕食後の夜のケアが終わるまでの18時半までの実に11時間半、休日なしでどこまで続くのだろうかと苦しむ日々が続いた」

 まるでブラック企業のような働き方ですものね。本田さんのこんな働き方は、これまでのブログでも数回ありましたね。いままでの困難な働き方を貫いてきた本田さんの気力と体力に圧倒されます。

 そんな本田さんの気力と体力を支えてきたのは、

「最後まで責任を果たすこと。自分の幸せよりも人の幸せをまず考えて、最後に自分が幸せだったらいいなと思っている。 プロとは、自らの責任を最後まで放棄しないことであると今は亡き父の遺言である。」

 お父様の遺言を大切になさって実践している本田さんなのですね。

 ただ、ただ、本田さんの体調が守られますように祈念しています。
  • 加藤充子
  • 2019/03/22 3:02 PM
加藤さん このお言葉を頂いて、不肖私が頑張るには、陰ながら優しい気持ちで支えてくれるあなたが居たからだと思います。そして週末ごとに帰宅して、「まだ生きていた。よかった。」と言って私の頑固な生き方を黙認して祈っていてくれる夫が居るからです。感謝しかありません。大変ですが私はお婆様たちと幸せに生きています。
  • 本田玖美子
  • 2019/03/23 6:04 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      お婆さま(95歳)の誕生日に・・・
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      お婆さま(95歳)の誕生日に・・・
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      理事会顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      理事会顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村   「家族会」と言う名のボランティア
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村   「家族会」と言う名のボランティア
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       〜研究者魂に火がついて〜
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode