ブログ

風の谷〜泰阜村
第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて

 アルプスに白い冠雪、山里に真っ赤な枝垂れ柿の立ち姿、悠々にも初霜が降り初冬の風景に鎮まった。

今年の秋は大雨で運動会が中止だったり、悠々が緊急避難所になったり、近隣でたくさんの身近なお年寄りの諜報を聞かぬ日はなかった。残されたお年寄りたちの背に荒れた山々の整備作業が重く圧し掛かってきた重い空気の中で、悠々第12回の総会があと2週に迫った。10年前64名在籍した組合員の方々は皆高齢になり、それぞれ病み、亡くなり、そして入所されていた。

 この4月からは常勤スタッフ3人(センター長/週7,ヘルパー1/週5,賄い1/週5.5)と、非常勤スタッフ2人(Ns.1/週1半日,ヘルパー1/週1)宿直2人(空いた穴は理事で穴埋め)で永住入居者5人(90代4人,80代1人:要介護5/1,要介護4/1,要介護1/2,要支援1)身体介護軽度の二人は重度の認知症を抱えている。時々短期入居の方をお受けする。

 このスタッフで、毎日掃除と整備(建坪92坪/敷地1500坪)、洗濯(毎日便尿で汚れた衣類寝具の大洗濯がある)、日に2回のお茶タイムと3食の賄いさん手作りの食事を提供している。

 毎日入れ替わり立ち代わりご近所さんが顔を見せ、新鮮なお野菜や果物を届けていただき、ご家族からはあちこちからの甘いお土産が届けられる。傍で見ていても幸せそうだとわかる。本人たちも「こんな幸せな日が来るなんて、考えてもおらなんだ」と口々にいう。その笑顔と穏やかさにほだされて、ここまでやって来た。そしてわかったことがある。お年寄りの幸せにはいろいろな「催し物」は落ち着かないのだと。いつも家に居たらそうやって暮らしていただろう・・・という生活が、ここ悠々にはある。生活の継続性が悠々の信条である。

 入居者本人たちは幸せで、スタッフもゆったりと幸せに働いている。特別なことをするわけではない。家に居たらそうするであろうことをケアしているにすぎないからである。

 何が間違っているのか。第一の最大の問題は慢性的な赤字経営である。食堂が専門の賄いを雇って1食(入居者@440円,スタッフ@300円,一般@500円)が問題。しかし年寄りとスタッフの唯一の楽しみは食べる事なので、粗末な冷凍総菜をレンジでチンしたものでは耐えられないというのが第一の誘因ではある。しかしこんな人でなしのような食べ物では年寄りが幸せにならない。働く私たちも幸せと働く甲斐がない。

 第2は係る経費に対して入居費が10年前と同じ一日5千円というのが間違いではある。その上消費税が上がった。儲けはなくても経費とトントンになるにはいくらもらったらいいのか。

 第3は、この事業を始めるにあたって、国交省のM専門官から「視察経費(資料込み)は一人@1万円貰うように」とアドバイス頂いたにもかかわらず、当初の山ほど押しかけていただいた視察(同じ福祉を志す仲間と感じた)訪問者からは、(平均1時間ぐらいの説明と施設案内)経費として「えぇ!私たちとてもそんなお金払えません」と拒否され(来てやったのに・・・とのお声が感じられたが)、資料代として2千円が千円になり、ここ数年は資料(パンフレットと写真集@2500円)をプレゼントするようになった。

 某県副知事の視察の際にも、「すみません、当方は民間経営で視察の資料代として2千円頂いているのですが・・・」とおそるおそる伝えると「そんなこと前代未聞です。今までそんな施設には一度もあった事がないが・・・」と言われたが、当方が引き下がらないと知ると、しぶしぶお二人分(副知事と付き添いの方)4000円を頂いたという経緯がある。

 北欧スェーデン、デンマークの視察の際には、1人一施設1万円を要求されたものであった。そのように学び日本になじむ形で研究した成果であって、何必劣るものはないと思っている。

 このように挙げればきりがないほどに、自信喪失が続き、現在まで引きずってしまったということである。

ほんに、理事長失格であった。

 今日も朝ケアに出かける。お年寄り達が「私を見送ってくれよな」と訴える眼差しに曳かれて、今日も頑張る。

あと10日で第12回総会が開かれる。新しい血が加わりますように、新しい若者に参加をと祈りながら今日も頑張る!!

 

コメント
本田さん、お久しぶりです。2か月余ブログ更新がなかったので、案じていました。毎日、ブログチェックをしていました。

 ところが今日、ブログの更新!毎日チェックしていたのに、ブログの日付を見ると、11月6日!エッと訳が分かりません?? でもよかったです。ブログを確認できて。

 このブログのタイトルの第12回通常総会 「悠々」の存在意義を問われて にドキットしました。存在意義を問われて、だなんてーー

 「今日も朝ケアに出かける。お年寄り達が「私を見送ってくれよな」と訴える眼差しに曳かれて、今日も頑張る。

あと10日で第12回総会が開かれる。新しい血が加わりますように、新しい若者に参加をと祈りながら今日も頑張る!!」 この本田さんの言葉に安堵しています。


  • 加藤充子
  • 2019/11/13 5:31 PM
加藤さん あなたに会いたくて何度も安曇野行きをトライしましたが、疲れ果てて断念しました。
 お年寄りに真心に笑顔を添えて届けます。それだけが今の私にできる事との思いで、今日も頑張る!!
  • 本田玖美子
  • 2019/11/14 5:08 PM
本田さん、お会いしたかったですね!安曇野行きを何度もトライなさったなんて、なんとうれしいことでしょう!

 いつか、きっと実現なさってくださいね。本田さんの笑顔が目に浮かんできます。
  • 加藤充子
  • 2019/11/15 11:35 AM
はい、その日を楽しみに頑張ります!
  • 本田玖美子
  • 2019/11/16 9:08 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode