ブログ

風の谷〜泰阜村   
  沖縄の8月 沖縄の戦後について

 亜熱帯の島・沖縄は、伝統的な祭り 『エイサー踊り』で本格的な夏色に染まるような気がする。このイベントに参加すると見受けられる若者たちの嬌声で沖縄行きの機内はまことに賑やかだった。

 例年であれば、紺碧の空とコバルトブルーの海が私たちを迎えてくれたはずが、大型台風の襲来で、灰色の雲と暗い色をした海が目の前に広がっていて、少し不思議な感じがした。
 私たちの2回目になる沖縄・ガマ慰霊の旅は、台風の余波で例年よりもいっそう蒸し暑さを増し、人柱の形をしたやぶ蚊の大群や、ハブとの遭遇の危険をはらみながら無事に終わった。
 8月6日と8月9日の「ヒロシマ・ナガサキ」の平和記念行事が新聞の見出しに踊る同じ日本で、沖縄における地上戦の凄まじさについて語られることの小ささに、何か背筋の寒くなるような思いを 今年も体験した。
 「ヒロシマ・ナガサキ」の被爆者たちの苦しみと、沖縄の二十数万と言われる戦死傷者たちの、何がこの違いを生んでいるのか、
残されたガマの漆黒の闇の中で、目には見えぬが 確かにその気配を感じる魂たちに手を合わせながら、必死に自問した。
 「無知は罪です」は瀬戸内寂照さんの言葉。
 私は、「6月23日」という日が、沖縄守備軍司令官の自決で、組織的戦闘終結の日として 沖縄中のお年寄りが、『魂魄の塔』 の前に集い、庭に咲く花を携え それぞれの思いを抱え 静かに祈る日であることを 知らなかった。
 『魂魄の塔』こそ、沖縄の非戦闘員であった こどもやお年寄りや 幼子を抱えた母たちが、旧日本軍によってガマを追い出され、隠れようもなく逃げ惑って殺された挙句、戦後 葬ることを禁じられ、野原に転がっているそれらの遺骨を ブルドーザーで 掻き散らされようとしたとき、勇気ある住民たちによって 集められ、塚として祭られていることを 知らなかった。
 有名な『ひめゆりの塔』の すぐ近くにあって、観光地とは程遠い 『魂魄の塔』の美しさよ!
 戦後日本の繁栄が、これらの沖縄の人々の犠牲の上にあることを 私は 知らなかった。
今なお、米国統治27年間を 日本人とは認めてもらえず、年金は27年間の空白を保証しない。
 こんなことが許されていいのか!

 私は泣きながら、心のそこから 沖縄の全ての人々に お詫びしたい!
私がこれまで あなた方の苦しみについて 何一つ知らなかったことを 許してください!
-----

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode