ブログ

風の谷〜泰阜村から リフレッシュ休暇

長い間 心の窓から言葉が生まれないでいた.
 泰阜の山々が錦色に染まり、木枯らしとともに木の葉が舞い散って
 初霜が野山を真っ白に被う冬が来ていた.

総会が開所式から半年経った11月22日、雨の午後無事終了した。
 理事長を除く新理事達は全員村会議員経験者という豪勢な陣容で
 その進行捌きは見事であった。
 総会前、理事長解任動議が出されるという風評に、
 緊張で張り詰めていた理事たちであったが、
 第2回通常総会は、通常通り終わった。

総会の席上、重要な通告を行った。
一つは、今期の赤字70万円の結果組合員の出資金が1人頭39,000円まで減ったことを告げ、来期もことによると赤字になった場合出資金がもっと減る事が予想されるので、もしそのつもりはなかったと思われる方は、遠慮なく連絡いただきたい。近日中であれば、出資金の満額を返済する用意がある旨を通告した。
 この件に関して、組合員からは何の連絡も受けていない。
二つ目は、開所式以来4ヶ月(145日間)の間、「地域交流センター悠々」と共同住宅「悠々長屋」を支援し続けてきたボランティアの実態報告を行ったことである。組合員62名のうちボランティアへの参加人数はのべ298人実働時間は2101時間(長野県最低賃金換算1,409,771円)であった。そしてここには働く人々の笑顔が常に在った事を添えたい。

 貧乏組合【悠々】は、今年度特に60時間を越えてボランティアとして悠悠を支えてくださった。お二人と1組のご夫婦に感謝状を贈呈した。
 その愛には愛をもって返すしか他に方法が見つからなかったのであった。

【悠悠】は、来年初めに90歳女性でこれまで単身独居でがんばってこられたお年寄りをお引き受けする事が決まった。自宅ではないが、見慣れた風景の連続性の中で、「最後まで安心して暮らすこと」の実現の第1歩が始まる。

風の谷〜泰阜から 支える会のこと

錦色に染まる泰阜の谷を
 初霜が真っ白に覆った朝
  理事長就任以来初めて38度の発熱でダウンした.
開所以来 夢中で走り続けてきた日々
 1円の運営補助金もなく企業として在ることとは、
 ずっと走り続ける事なのだと知った.
 これほどに凄まじい苦しみが襲い掛かると知らないではじめた事
「無知は罪です」と寂聴さんが言っていた通りで
 本当に申し訳ない事と思う.

多くの人に迷惑をかけ続けたが
 それにもかかわらず
「地域交流センター悠々」と共同住宅「悠々長屋」を訪れる人たちは
 ゆっくりと流れる時の中で、「生きている実感」を感じると言う.
いつもいつも倒れそうな【悠々】だけど
 「見て居られない」と入れ替わり立ち代わりやってきた仲間たちが
  「悠々の心」となった.

今この時期に、恩師が、
 「泰阜村までは行けないけれど、何とか君を助けたい」と
 「本田玖美子を支える会」の発起人となって下さった.

電話でその言葉を聞いたとたん声を上げて泣かないではいられなかった。
 なんと言う優しさ、なんという励まし、なんという救い・・・・

「人生に絶望なし」とヘレンケラーが言われたけれど、
 本当にそのとおりだと思う.

さあ、みんな、元気出して、前に向かって歩いてみようよ  ネ!ネ!
 
 

 
-----

風の谷〜泰阜から 地縁再生を考える

涼やかな秋風が 黄金色にゆれる棚田の上を吹き渡り
 伊那谷に広がる野山に紅葉が始まった

そんな秋風の中で 
地域交流センター悠々の理事長の一日は 結構忙しい.
 先日から組合員ご夫婦1組が1ヶ月の予定で入居している
 ご主人は先月脳梗塞で倒れて緊急入院し、発見と迅速な医療機関への搬送、専門病院での適切な治療が奏功して、目だった後遺症もなく退院し 自宅療養していた矢先だった。
 甲斐甲斐しく看病に当たっていた奥様が、自宅に隣接した沢(1m下のコンクリート低)に落下し、尾骶骨と股関節、腰背部を強打した。2~3日は起き上がれず、療養中のご主人に抱えられて緊急に購入したポータブルトイレで用を足したとのことであった。4~5日経過しやっと起き上がれるようになってからご連絡があった.
 ご主人が「2~3日はがんばってみたが、もう賄がとてもできん.」という理由である.

早速ご入居が始まった.
 ここでの経験談を聞きに、地元のこのご夫婦のお仲間が入れ替わりに尋ねてきた.
 まず?《3食のお食事》のこと
*3合炊きの炊飯器持参で自炊.理由は入れ歯の不具合と口腔内のご障害のため粥に近いほど軟らかでないと食べられない.(ご主人はこれに慣れていたが、本当は美味しくないと言う).しかし夕食後の好物の寿司(蟹サラダ巻き、酢鯖の巻き寿司、マグロの握り)は食べられるようだ.
*味噌汁は味が濃いので嫌いで、自動的に薄味の澄まし汁になっている.
*普段は漬物と野菜の煮物が主菜だが、食事会の際にさしみと焼き豚が好評でリクエストされた.
?《寝具》のこと
ご主人は「畳に布団でないと眠た気になれない」奥様は「ベッドでないと夜中にすぐに起きれない」という理由で,奥様はベッドと寝具を持ち込まれた。
 このように基本的に畳のお部屋を準備し、そこにそれぞれの寝方を選択できる「悠々方式」は正解であった.
?《TVの持込と据付冷蔵庫》
悠々では個室にTVは置いてない.しかし持ち込みは可能となっている。今回Mさんご夫妻は悠々用の小さなTVを購入し,ご主人は自室の布団で寝っころがってTVをゆうゆうと楽しんでおられた。奥様は広い「悠々」の台所や食堂を往ったり来たりしながら「ここは広くていい運動になるわ」と日に日に元気を取り戻されている.
?《共同住宅と交流センター悠々見学会》
 入居中の奥様を尋ねて、たくさんのお年寄りが悠々見物に訪れている.ご要望にこたえて、理事長が「悠々」のご案内をさせていただいている.短期の体験入居希望者が相次いでいる.有難いことである.

《地縁再生》とは
 つい最近「理事長先生は 泰阜のおかあさんなんだよ」と言われた.
その言葉を頂いて はっと気づいたことがある.
 「地縁再生」の中心には「おかあさんの存在が欠かせない」ということを.日本のふるさとは,そこにお母さんがいるから故郷になるんだということを.だからお母さんには、生きている限り、朝も昼も夜も日曜も祝日も盆も正月もないのだと言うことを.そして給料もないんだと言うことを悟った.

 悠々では、今年のお正月に「泰阜のお年取り」を計画している.
みんなで薪ストーブと掘りごたつを囲んで、「地縁」で結ばれた家族が集まっておご馳走をいただく.それからNHKの紅白が終わったら、みんなでお寺の除夜の鐘を突きに行き、そのまま地元の神社に初詣に出かける.
 元旦の朝は地域の元旦マラソンに参加するぞ〜!!







風の谷〜泰阜から 「地縁」再生の秘訣とは・・・

8月のお盆が終わって
 泰阜の野山はひっそりと秋に向かっている
朝夕に子犬を連れて家の周の森に入ると
 秋の山野草の群にあちこちで出会うようになった
今朝は 
 仏様のために桔梗、女郎花、撫子と名も知らない白い可憐な花を頂いた

棚田では心配された病虫害の被害を何とか免れた稲が
 重そうに頭を垂れ黄金色に染まり始めた
 農家の集まりでは 秋の取り入れの話題が口に上るようになった

そんなゆったりと流れている泰阜の秋の真ん中で
 高齢者協同企業組合泰阜の「高齢者共同住宅」と
  「地域交流センター悠々」の開所以来3ヶ月の歩みは、
 「共同住宅」へのお試しお泊り事業と「地域交流センター悠々」での
  さまざまな交流事業を通して 地域の人々と都会のボランティアさんたちのかけがえのない「癒しのふるさと」つくりになっている  

昨夜は 埼玉県越谷から毎月1週間泊り込みでボランティアを買って来ているMaさんご夫婦が
 毎月恒例開催となった組合員有志でつくった「悠々の会」盆踊り大会に参加した.お二人は「誠実で暖かな 冗談が飛び交う交流会」の魅力にすっかり夢中になった.
この宵は、「悠々の会」会長が脳梗塞で倒れて緊急入院し、後遺症もなく退院してお元気なお姿を見せた 快気祝いとなった.

参加者のお一人Miさんはこの地域でなくなってしまった「盆踊り大会を復活させよう」と提案した.毎年この日のために皆で盆踊りの特訓をすることが暗黙の内に決まった.
恒例の「カラオケ」が始まった.
 この村の人たちは集まると「カラオケ」が恒例らしい
この日の「悠々」では本物の手拍子しかない「カラオケ」となった
 結果は無残にも だれも歌詞を覚えていないことが判明した

組合顧問のHo先生は、「よし!僕がみんなのために『カラオケセット』を寄付するぞ!」と叫んでいた.

一月に1度だけれど 
 顔見知りの村人が集まって 一晩をゆっくりと共有する
『地縁』
 いつの間にかなくなってしまったいつもの夏祭り
 「盆踊り」や「カラオケ大会」や「年越し」を
この地域交流センターでやりたいと みんなが思った.

豊かな自然に包まれた泰阜の地に
 辛抱強く優しい 父や母たちが 残りの人生を身を寄せ合って暮らし始めた.

泰阜村田本
 この地を選んだことは 間違いではなかった
 この地でこのような父・母に囲まれて 愛されて
 人としての一生を終えることが出る幸せを 感じている

「まちづくり交付金」
 このような本物の地縁再生の試みを寛大な心で許してくださった
 日本の国土交通省の担当者様
 そして 泰阜村と松島貞治村長

心からこころからお礼を申し上げます。
 お金がなくてもみんなで支えあえば幸せになれる

10月から高齢者7人の共同住宅への入居をはじめます
 条件は この「悠々の会」のお仲間に迎えられること かな?
 皆様のひとにぎりの善意も一緒に
  どうぞよろしくお願いいたします.

            理事長 本田玖美子



 



-----

風の谷〜泰阜から 泰阜の盆まいり

8月14日の夕べ 初盆参りを経験した
 ご親戚一同と同じ地域(組)の仲間たちが
 ご仏壇から移す灯を 
 墓に続く道筋に立てられたろうそくに次々と灯しながら
 お墓へと行列し おばあちゃんの霊魂をお迎えした
 初秋の夕風が吹き通る 美しい迎え火の祭り

1年前に90代で長寿を全うされた母について
 仏間で持たれた宴席で 長男がふと述懐した
 「自分が育ったころ 
  この家はいつもいつも 
  満州からの引揚者や戦火で家を焼かれた人たちで一杯だった
  母は 何回もご飯を炊いて皆に食べさせていた
  父と母は そういう人だった
  自分は それらの人たちから可愛がられて育ったと思う」

この夜 組合の重鎮の一人が
 偉大な父母にこのように育てられていたと知った
 組合がめざす「支えあい」の精神は
 この貧しい泰阜の地で このように育まれていたのだった

生半可な優しさなど通用しないこの時代にあって
 この父母に育てられた子供や孫たちがいる限り
 泰阜で始まった「支えあい」の精神のともし火は 消えないと思う
   
  
 
-----

風の谷〜泰阜から ホームページ更新!

開所式から3ヶ月経過して 
 やっと 
   とうとう ホームページ更新が成った!

 たった3ヶ月に過ぎないが、長い道のりであった
  本気で 何度も 死ぬかと思った
  でも その度に 思いもよらぬ救い主が現れて
  私と仲間たちが 救われた

 田舎暮らしを体験したことのない余所者の理事長は
  敷地面積1364坪 延床面積191坪 の広大な住宅の運営管理を
  気がつけば ほんのわずかな仲間たちで
   船出してしまったと理解した。
 
 
 結果として「授かった」総桧作りの建物を 
  自分たちの力で 貧しい村のお年寄りのために運営することは
  途方もなく困難なことかもしれない
 私を支える仲間たちもそれぞれに
  村民からの厳しい試練を受けることとなった
 

 開所以来 高齢者協同企業組合泰阜には、寄付金も補助金も一切なく
  村民の事業への参加も少ない
 あるのは介護施設入所への待機の列に並ぶお年寄りと
  その家族からの問い合わせ

 村全体が貧しく、村民のほとんどが日曜も祝日もなく働いている
  ボランティアの時間的余裕もないのだった

 生涯のほとんどを都会生活で過ごしたことが 
  この村では 当たり前ではないことを知った
 

 今、私は休日というものと程遠い生活の中にある
  殆どの泰阜村民がそうであるように 
  私も当たり前のように いつも働いている
  

 先週 管轄下にある飯田保健所のご指導を受けた
 「交流事業の殆どが 法律違反になる」とのご指摘であった
 「知らぬことも罪である」と言われ
  対応に終われる毎日となった
 適応されるそれらの法律のあるものは、
  昭和33年厚生省環境衛生部長回答の「旅館業法関係における『業として』の解釈について」として回答されたものであった
 
 戦後の施設中心の医療・福祉制度からの脱却を目指した
  時代を先取りするための新しい試みが理解されることは
  途方もなく困難かもしれない

今改めて
 泰阜村にあるお年寄りが 
 「最後まで安心して住み続ける」ための方策を
 何とかして 見つけたいと思っている
-----

風の谷〜泰阜村から 泰阜の夏本番!

山口の豪雨災害で老人ホームのお年寄りが犠牲となられたニュースは
 悠々にとっても人事ではない
地域交流センター悠々の両側には沢が流れている
 普段はせせらぎの音を聞かせ、
 澄み切った山からの水がチョロチョロと流れているだけだけれど
 十数年前には土砂災害で、
 取り壊しになった元の工場に土砂が流れ込んだと聞いた

「今年の梅雨はどうもおかしい」とお百姓さんたちが呟くように
 泰阜村でも、いつもの梅雨のようにしとしとと降る雨は少なくて
 南国のスコールのような夕立が降るようになった

 農作物も被害が予見されている
  ・とうもろこしは日差しが弱くて甘みがのらない
  ・トマトはハクビシンにやられて全滅
  ・稲も病気がでた
  ・カボチャや瓜は猿が抱えて行ったとか

 近頃 組合の仲間たちが次々と入院して行く
  何かとてつもない魔物と戦っているような気がする

 泰阜村 がんばれ!
  仲間たち がんばれ!

 真夏の猛暑の中で、
  悠々の中には涼風が吹いている
 夕方になって 日が落ちると
  周りの森の中では カナカナ蝉の合唱が響き渡っている

 大自然のなかでは
  美しさと 厳しさとが同居している 
 それは慣れない都会人にとって 痛いほどに響く

 

 
  
-----

風の谷〜泰阜村から 
 ツバメの巣顛末記

近年,泰阜村の田畑では殺虫剤がごく少量しか使われなくなった
 その上有機農法で,腐葉土を田畑に入れるようになり 
 虫たちが元気になった
 それが原因なのか ツバメが年々増えてきたように感じる

さて5月9日に立ち上がった総桧つくりの悠々が 
 今ツバメの営巣のラッシュとなった
 
そのツバメの営巣を 悠々の軒下に許すかどうかで 
 造るそばから叩き落す泰阜農家の主たちと
 「かわいい」「癒しを感じる」「この姿を見たかった」と大騒ぎする  都会からやってきた能天気な理事長との間で戦いとなった

泰阜の農家の主たちの言い分
 「こんなもん次から次から造らして いい加減にしなきゃいかん。大体からつばめは汚い,糞で家を汚す,蛇が上がってくる,ダニを撒き散らす, 鳥インフルエンザを運んでくる.泰阜の家じゃツバメの巣なんて皆叩き 落しているんだに・・・」

能天気な理事長の言い分
 「ツバメは益鳥で、害虫を食べてくれるのだから有機農法には欠かせない.つばめが営巣するのはほんのわずかな期間,少し家が汚れるぐらい我慢してほしい.蛇だってマムシだって、一歩フェンスの外にでれば何処にでもいるのに・・・やっぱり卵を抱いているツバメの巣を落とすのは悠々の趣旨に反する動物虐待じゃないかな〜」

理事「先生,ツバメが8羽も軒下に入っているだに,これじゃ巣は4っつできるだに.来年は8っつできるよ.しかしこの出入り口のうえはまずいんじゃないの?」

理事長「その出入り口は当分止めて、他の出入り口を使いましょう.」

理事「取り合えず巣の下にダンボールでも敷いておくことにするか.」

理事長「わがままを言ってすみません.でもつばめの糞が汚いという人が、これから入居する利用者さんの失敗した下のお世話ができるのでしょうかね〜」

利害関係の体験のない都会からきた理事長との価値観の対立顛末記でした
 




 

-----

風の谷〜泰阜から 
 リハビリ・介護事業スタート

とうとう泰阜村の交流センター悠々に 
 本格的なリハビリ医療チームがやってきた
ここは、組合員のための共同住宅.
第二の我が家として近隣の組合員が日常的に利用している.
そのリビングの片隅を使って「地域リハビリ事業」が在宅訪問リハビリとしてスタートした。

今日の参加者6人の中には
 リハビリに縁のなかった人たちが3人いた

「リハビリって何?」と聞くと
 「痛いところに湿布して、電気鍼をかけて、マッサージだろ?
  あんなのは何にも効かん」がこの地域の大方の声

この地域のリハビリ医療ニーズの殆どは
  過酷な労働による骨・関節の変形による痛みと
  自己流治療法による誤用と
  診断も治療もされずどんどん重度化しているさまざまな疾患
  それから「痛み」というわけのわからない「未知の恐ろしい体験」
  への恐怖,が中心となっている。

リハビリ医療スタッフが 初めて本格的なリハビリ治療に乗り出した
今回のリハビリ医療スタッフは、
リハビリ専門医(Dr)理学療法士(PT)作業療法士(OT)医療ソーシャルワーカー(MSW)の4人
その他必要に応じて依頼するリハビリスタッフとして
 言語聴覚士(ST)、臨床心理士(CP)、義肢装具士(BS),
 建築家、大工、臨床工学士
 等の方々.
 
今回から始まった地域リハビリ事業は以下のようなプログラムで実施を計画している
?【リハビリ専門医】の評価を受ける(最初は病院での診察が必要)
 ・その人の生活全体の中から基本的な健康チェックをし、隠れた障害が  ないか評価する.
 ・必要に応じて、主治医の先生や専門の先生へご連絡・ご紹介する
 ・体と心の健康のための治療方針をたて、それぞれの療法士に治療方針  と治療指示書を出す
 ・くらしのうえの養生について一般的にご指導する
 ・病気について、正しい知識をお伝えする
?【理学療法士】は
 ・身体機能のなかでも特に移動や活動に伴う動作に支障をきたすような  身体的な障害に対して、機能回復訓練/自宅での自主訓練指導をする
 ・杖・靴・サポーターなどの導入/修正
?【作業療法士】は
 ・身体機能障害による日常生活・仕事における不便への対応方法を
  ご指導する。
例:手のうごきが悪い方への適当な箸・スプーンの紹介
  膝が痛くてコタツから立ち上がりが困難な方への適当な道具の紹介
 ・主に手/肩の障害の方への機能回復訓練
 ・物忘れ/気持ちの落ち込みなどでお困りの方の評価と治療
?【医療ソーシャルワーカー】は
 ・暮らしの中の不便や人間関係などの困りごと「生活相談」
 ・さまざまな制度サービスの利用のしかたについてアドバイス
 ・医療カウンセリング

?その他医師の指示に基づいて
 ・飲み込みの障害、言葉の不便に対して【言語聴覚士】が、認知症の評  価と治療については【臨床心理士】が治療スタッフとして参加します

参加者の感想:
「本当のリハビリをはじめて受けてびっくりした。腰の痛みや、膝の痛  みが軽くなった.鍼やマッサージとは違う治療法で効果を感じた」
 
 
 
  

-----

風の谷・泰阜村から〜
  梅雨の晴れ間に

梅雨の晴れ間に 真夏の太陽がその姿を現し
  泰阜村にも30度を越す炎天下がやってきた
 でも 総桧つくりで天井の高い「悠々」は別天地
  扇風機もいらないほどの涼しい風が吹き通っている

まだまだ桧の香りも充ちていて 外から訪れる訪問客の流れる汗を見て
  今日の暑さを実感している
こんなところで働けて 有難いこと 申し訳ないことと感じる

「悠々」を訪れる来所者の皆様は 例外なく建物のすばらしさと
 その中で過ごすひと時に 
 なぜか心までゆったりして 癒されるのを感じるという

何かをすることではなく 何かをされることでもなく
 誰もが一人の人間として ただ座っていることを許されるということが
 この時代には本当に必要なのかもしれない.

 

-----

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村     過疎山村の暖冬に思う
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村     過疎山村の暖冬に思う
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村     立春〜悠々の新しい入居者たち
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村     立春〜悠々の新しい入居者たち
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       新しい入居者
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode