ブログ

風の谷泰阜村から
高齢者協同企業組合許認可下りる

今朝 電話で朗報が入った。



高齢者のための共同住宅を泰阜村の南地区につくりたい と言う願いが 4年がかりで叶った。



この願いは、20年ほど前藤田保健衛生大学リハビリテーション科での7年間と、

それに続く東京都リハビリ病院での3年間の医療ソーシャルワーカーとしての臨床経験から、

「介護保険では、ご不自由をかかえた障害者を在宅には戻せない」という確信につき動かされたからである。



では今、何が足りないのか。



患者さんたちが共通して願うのは、まず第一に、食事とトイレは自分でしたいということである。そして普通の暮らしをしたいことである。

それを叶えるには、地域の仲間たちの支えと生活の中に継続したリハビリが必要である。



 普通の健常者は皆知らないが、ある老人介護施設で起っていることである。

食事の時間になると、たとえ自分で手が使えても、一人で食べることは許されない。

 ぼろぼろこぼし汚くて、時間がかかるからである。

 一人の介助者の前に、4~5人の入所者が並ばされ、それぞれの前に置かれたどんぶりからスプーンですくって自分の口に放り込まれるのを 順番に口をあけて食べる。

どんぶりに入っているのは、その日のご飯と汁物とおかずと漬物が混ぜ合わされ、粉くすりがかけてある。

 勇気ある一人の入所者がそれを吐き出したところ、はきだされたものをもう一度すくって口の中に放り込まれたそうである。その施設に働く人たちの中には、それが間違っていると知っているものもいるのだが、だれも入所者のために声を上げるものはいなかった。



 それに似たようなことが重なって、なんとかしたいと思った私は、結果としていま泰阜村にいることになった。

 

泰阜村に集う人たちには、どんなに障害があっても、そして貧しくても、笑顔と笑い声が聞こえる場所にしたい。



これが、私の唯一つの願いである。



私は今日、このことをもう一度こころに誓った。


-----

風の谷泰阜村から
過疎の村の老人の 安らかな死のために

長野県は長寿で知られている

 その中でも、泰阜村は元気なお年寄りが多い.

80歳、90歳はまだまだ現役で、

 村の道路や水路等 山林を守る共同作業は彼らが陣頭指揮を取っている.



そのお年寄りが最後に脳卒中や事故によって倒れたとき、

 どうするかが この21世紀の医療に問われている.



大都会からやってきた一人の青年医師は

 90歳をとっくに過ぎた意識障害のあるお年寄りたちに、

 胃に管を通して高カロリーの栄養を与える手術や

 延命のための手厚い手術を、惜しげもなく投入することに

  疑問を感じていたと言う・・・・



今その80代、90代のお年寄りの人生はどのようであったかに想いを馳せれば、

 人として どのようにあるべきかが見えてくる



 戦後60年たった今でこそ、過疎の村の年寄りたちも

  救急車で病院に運んでもらえるようになった.



それまで多くの貧しい山村では、

 お医者様に最後の脈を取ってもらえずに死んでいく身内を

 少なからず持っているものだった.



その彼らが、戦後日本の復興のために働いて働いて一生を終えようとするとき、

 年だからというそれだけの理由で

  21世紀の現代の医療の恩恵を、 

 受けられずに死んでいかなくてならないのかを 考えたい.



現代医療の総力を挙げて、それでも適わぬと知ったとき

 そのときこそ、安らかに 自分の寿命を受け入れることが出来る



自分のために尽くされた医療とスタッフの尽力に感謝を込めて

 「もう充分だ」と 自らいえる気骨を持つ人々であることを 信じてほしい.



医療に携わる人々に、

 これらのお年寄り達が この日本繁栄の底力であったことに想いを馳せてほしい。

 若い世代のひとびともやがて 年を取る



この老人達を、いかに安らかに見送る事が出来るか

 その心映えが 今医療に問われていると思う.







 

 
-----

風の谷泰阜村から 
   医療過疎地ということ

泰阜村は冬支度を急ぐ山里の紅の盛りの中で

 50歳と4ヶ月の働き盛りの男性を見送った

 20代になったばかりの二人の息子の父親であった

 

 150人を超える参列者たちの誰もが、そのあまりの若さを心底から惜しんだ

 肺がんの転移による死は、発見されるまでに5年経過していたという.

 21世紀のこの時代に、何時までもなおらぬ咳をまわりから指摘されても

 主治医を信頼して最後まで着いていったという・・・

   

 

 その律儀さでだれからも愛された彼の死に

 参列者のだれもが「残念で、残念でたまらない」気持ちであった

 

 過疎の村泰阜、人口の38%が老人というこの村にとって

 50代が始まったばかりの彼は

 「大切な宝」であった



 医療過疎とは、医者がいないことではない.

  最新の医療に関する正しい情報を

  医者も、家族も、本人も持ち得なかったことであると

 この日、思い知った.



 



 
-----

風の谷泰阜村から〜狩場仙人との出会い

先週末 泰阜村の狩場仙人からお招きを受けた



父親の代からプロの猟師だったといわれる 鋭い眼光が特徴のM氏は

全身無駄なところは何一つないという表現がピッタリの ばねのような筋肉と骨格とを具えていた



6畳一間の離れに通された

部屋の真ん中にでんと構た囲炉裏には 真っ赤に熾った炭火

少し開けられた障子窓からは 秋の渓谷が広がっている



囲炉裏端の周りを取り囲む白壁には

 M氏の父親が使っていた 鉞や名前は知らないが狩の道具が一面に飾ってある

 りっぱな角をもった鹿の骸骨も・・・・



これに続くもてなしの数々は もちろん山の珍味尽くし

中でも 大スズメバチ(体長4センチはありそうな)の蜂の子は

ほんのり甘く 芳醇なチーズのような舌触りで 非売品なのでめったに口に入らないという

マツタケ酒を舌でコロコロと味わい、茸三昧に舌鼓を打ちながら

野山を駆け回って年に3ヶ月だけ解禁になるという狩の話を堪能した



そのM氏があるときから、プロとしての猟師を止めたのだという

「何故か?」と問と



「何十年もともに猟をし誰よりも大切に思っていた仲間をお金のために失ったからだ」と言う

「お金で失った仲間は いかなることをしても もう元には戻らない。取り返しのつかないことをした」と

それ以来 とった獲物は いかなるものもお金では 売らないということだった



そのM氏に なぜ私たちのようなものがこのようなお招きを頂いたのか?と問と

「会った一瞬間で 何か自分の生き方に相通ずるようなものを ピンと感じた」と言われた



 M氏のここまで潔く生きる姿に感銘を受けた私たちは

 M氏とその奥様とその座に同席した5人で 義兄弟の杯を交わしてしまった



 泰阜村渓谷に立つ庵での 秋雨が降りしきる夜の 夢のような一刻であった





-----

風の谷泰阜〜つるべ落としの日暮れに

泰阜の秋の夕日が

 あたり一面の空と雲を 真っ赤に染めて

谷を挟んだ対岸の幾重にも重なる暗い山陰に

 ストンと落ちる



大自然の営みの

 厳粛な一瞬にことばを失う 子犬と私



泰阜村に夫が身を落ち着け

 私が過去の全ての仕事を引き払って

 本当の泰阜村の生活が始まった



取り入れがすっかり終わった山里は

 なぜか シンと静まり返っている

だれも拾うう事のない 山胡桃をひろいながら

 今宵の夕食は 五平餅でも焼こうか と思う

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村         ケアする者がバーンアウトするとき
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         ケアする者がバーンアウトするとき
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 泰阜村の初盆まいり
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 泰阜村の初盆まいり
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村      家族未満友人以上のケア
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村         染み入る言葉を頂いて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       要介護4退院患者M氏をお迎えして
    加藤充子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode