ブログ

風の谷〜泰阜村  
  梅雨の終わり

7月に突入してしまった。
6月の初めからつい先週にかけて裏山の薄暗がりは、十数本のピンクの笹百合の芳香に包まれていたのに
 もう今朝は 足もとの水路にピンクのホタルブクロが数本、道端の草むらに黄花コスモスの残り花、濃い桃色の野あざみがチラホラ、あたりは一層深くなった緑の森が広がった。
 コロコロに太った子狸が道路の真中で仲間と遊び転げ、車が近づくまで遊びに夢中。
家の前の畑に猿が1頭出現し、家の周りは加速度的に自然に戻りつつある気配を感じる。
お隣りさんが無住になってもう10年以上経つ、伸び放題の蔓や草の中に家屋が沈んでしまった。
 耕作放棄された田畑にはススキや偽アカシヤの木が繁茂、収穫されることのない梅林とキウイの棚には、目に余るほどの竹が繁殖している。
限界集落はこうやって、無責任に都会に移住していった子供たちの手によって、管理放棄され、森に戻っていくのだろうか。
 取り残された 泰阜大好住民たちは、「今年も里に熊が出るか」と、不安そうに山や森を見上げているけれど、
 土蔵荒らしの汚名を浴びた村民たちは誰もその屋敷に近ずかない。
都会に出ていった村民とその子供たちに、自分たちの村が荒廃していく様をどのように感じるのか、 
 聞いてみたい!
-----

風の谷〜泰阜村  
  泰阜村に春が来た

泰阜村に春が来た
棚田に水が張られ 元気な苗たちが田植えを待っている
遠いアルプスの山の頂きには白い残雪が望めるけれど
泰阜の里山は満開の桜でピンク色

 

泰阜の人々がどれほど花が好きか 
 この村の桜は「桜守」たちに守られているなどとは ついぞ知らなかった
 昨年の冬の小雪のちらつく中を 一群の古老たちの姿を見て
 何が始まるのかと伺うと 桜の手入れをするのだという
 病虫害にやられた枝を剪定し その根本にしっかりと肥料を施すのだという
そんな隠れた桜を愛するお年寄りたちに見守られ育まれて 

 今 泰阜村の桜は1本1本が元気で 見事な盛りを誇っている

人口2000人を切った観光地でもない泰阜の
 何人の人々がこの桜を愛でるのか だれも数えたことはないけれど
 ひょいとこの村を訪ねた訪問者が その贅沢さに圧倒されることだろう

泰阜村には今も桜守が居て
 ほんの一握りの人たちのために 雪の中 桜を守っていることを
 私は誇りに思う
後期高齢者医療制度が始まる。
 泰阜村の3万円の国民健康保険遺族年金で暮らしている
 多くのお年寄りたちは
21世紀の日本で
 貧しさのために医療を受けることもなく
 死んで行かなくてはならない
このように誠実に一生懸命生きてきた 自分たちの大切な親や祖父母たちを見殺しにするような
 このような日本に一体だれがしたのか 聞きたい
-----

風の谷〜泰阜村  
 泰阜の春

昨日 第4回交流事業が終わりました.
今回のメインイベントは、東京江東区からお招きした田中秀樹さん
  ・江東区障害者・児の生活を豊かにする事業団体連絡会 会長
  ・社会福祉法人ゆめグループ福祉会 理事 ほか多数
 講演のテーマは
 「いろんな障害があっても、住み慣れた地域で働き、
       生活したいという願いを実現するために」
 
 聴講した参加者は、お話が終わっても田中さんの傍を離れず、熱心に質問をしていました。その一つ一つに丁寧に答えられて示唆と希望を与えてくださったことに、心から感謝申し上げます。
今回の参加者は
 ・飯田・下伊那地区の障害児を抱えたお母さんとお父さん、そして元気な子供たちと、泰阜までの曲がりくねった山道で体調を崩 

  した子供たち。この人たちは泰阜福祉塾の力強いリピーター
 ・それからこのお母さんたちをいつも応援しているおばあちゃん2名
 ・今回もこの会に華を添えてくれた、飯田女子短期大学看護学科の美女たち4人
 ・はるばる泊まりがけで様子を見に来てくれた私の恩師ご夫妻
 ・泰阜出身で近じかUターンして山林再生プロジェクトを計画中の紳士
 ・箕輪町で地域再生のために活躍中の紳士
 ・飯田市の高校教師
 ・阿南学園の職員さんと利用者さん(学園の利用者さんたちの手工芸作品を特別出店してくださった)
そしてなによりもこの事業の成功を、陰でサポートしてくださった
 ・高齢者協同企業組合の理事の皆様とその奥様達
休日返上でかけずりまわって準備してくださった
  ・役場職員のIさん、Sさん
  ・会場のあさぎり館の管理人さん
  ・泰阜村の若者応援団第一号のHさん
  ・Hさんに共鳴し泊まりがけで天竜村から駆けつけてくれた若者2名
最後に休日をすべて費やし
  ・22日夜の医療相談会に遅くまで参加してくれた夫に

 

 これらの参加者とお手伝いくださったスタッフのすべての皆様に、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。
交流事業を重ねるたびに、私の小ささと至らなさを実感させられます。そしてあまりにも多くの人々の善意に支えられて(凝縮して)ひとつの交流事業が実現する過程のすごさに圧倒されています。
 高齢者共同住宅の完成と事業の開設まで1年を切りました。これからどれほど多くの人々の善意のお気持ちが集まるのか

想像もできませんが、その日まで、事業の準備を無事に果たせますよう祈り続けたいと思います。
-----

風の谷〜泰阜村   
高齢者協同企業組合許認可下りる

今朝 電話で朗報が入った。
 高齢者のための共同住宅を、泰阜村の南地区につくりたいと言う願いが、4年がかりで叶った。
この願いは、20年ほど前藤田保健衛生大学リハビリテーション科での7年間と、それに続く東京都リハビリ病院での3年間の医療ソーシャルワーカーとしての臨床経験、それに続く高崎健康福祉大学社会福祉学部研究者としての経験に基づき、
「介護保険では、ご不自由をかかえた障害者を在宅には戻せない」という確信につき動かされたからである。
 では今、何が足りないのか。
 患者さんたちが共通して願うのは、まず第一に、食事とトイレは自分でしたいということである。そして普通の暮らしをしたいことである。それを叶えるには、地域の仲間たちの支え合いと生活の中に継続したリハビリが必要である。
 普通の健常者は皆知らないが、ある老人介護施設で起っていることがある。
 食事の時間になると、たとえ自分で手が使えても、一人で食べることは許されない。ぼろぼろこぼし汚くて、時間がかかるからである。
 一人の介助者の前に、4〜5人の入所者が並ばされ、それぞれの前に置かれたどんぶりから、食べ物をスプーンですくって自分の口に放り込まれるのを、順番に口をあけて食べねばならない。
 どんぶりに入っているのは、その日のご飯と汁物とおかずと漬物が混ぜ合わされ、粉くすりがかけてある。
 勇気ある一人の入所者がそれを吐き出したところ、吐き出されたものをもう一度すくって口の中に放り込まれたそうである。その施設に働く人たちの中には、それが間違っていると知っているものもいるが、だれも入所者のために声を上げるものはいなかった。実習学生たちは、そのことに苦しみ福祉を辞めたいと泣いた。
 それに似たようなことが重なって、なんとかしたいと思った私は、結果としていま泰阜村にいることになった。

 

 泰阜村の「地域交流センター」に集う人たちには、どんなに障害があっても、そして貧しくても、笑顔と笑い声が聞こえる場所にしたい。これが、私の唯一つの願いである。
 私は今日、このことをもう一度こころに誓った。
-----

風の谷〜泰阜村
過疎の村の老人の 安らかな死のために

長野県は長寿で知られている。その中でも泰阜村は元気なお年寄りが多い.
 80歳、90歳はまだまだ現役で、村の道路や水路等、山林を守る共同作業は彼らが陣頭指揮を取っている.
 そのお年寄りが最後に脳卒中や事故によって倒れたとき、どうするかが、この21世紀の医療に問われている.
 大都会からやってきた一人の青年医師は、90歳をとっくに過ぎた意識障害のあるお年寄りたちに、胃に管を通して高カロリーの栄養を与える手術や、延命のための手厚い手術を、惜しげもなく投入することに疑問を感じていたと言う・・・・
 今その80代、90代のお年寄りの人生はどのようであったかに想いを馳せれば、人として どのようにあるべきかが見えてくる。
 戦後60年たった今でこそ、過疎の村の年寄りたちも、救急車で病院に運んでもらえるようになった。
 それまで多くの貧しい山村では、お医者様に最後の脈を取ってもらえずに死んでいく身内を、少なからず持っているものだった。
 その彼らが、戦後日本の復興のために働いて働いて一生を終えようとするとき、年だからというそれだけの理由で、21世紀の現代の医療の恩恵を受けられずに、死ななくてはならないのかを 考えたい。
 現代医療の総力を挙げ、それでも適わぬと知ったとき、そのときこそ安らかに、自分の寿命を受け入れることが出来る。
 自分のために尽くされた医療とスタッフの尽力に感謝を込めて、「もう充分だ」と、自ら言える気骨を持つ人々であることを信じてほしい。
 医療に携わる人々に、これらのお年寄り達が この日本繁栄の底力であったことに想いを馳せてほしい。
若い世代のひとびともやがて年を取る。この老人達を、いかに安らかに見送る事が出来るか、
 その心映えが 今医療に問われていると思う。
-----


新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode