ブログ

風の谷〜泰阜村   
山里への訪問者たちのこと

 泰阜村は、介護保険が始まる10年以上も前から在宅福祉に力を入れていた村で知られている。
 村には毎年のようにいろんな大学の調査や、TVの取材や新聞の取材が村を訪れていて、「調査にご協力を」というと、「また調査か、一体同じことを何回聞いたら気が済むのかね」と言われる。
 しかし今回の我々の調査は、今までとは恐らくその規模や調査の中身が桁外れに違っていたらしく、調査用紙が配布されてその中身を目にしたとたん、「なんでこんな調査をやるんだ!調査の目的は何だ!」という村民からの激しい反応が役場に寄せられ、8月末の2〜3日は、役場職員がその対応に疲労困憊したという事態が起こった。
 とりわけ暑かった平成19年の泰阜村の夏、泰阜村に何かが起こった!
 さる8月18日の調査員研修会に始まり、8月27日から9月8日までの訪問調査期間の間、愛知県東海市、長野市、群馬県高崎市の大学、専門学校から、総勢40名ちかくの学生と教員が、聞き取り調査のため、泰阜村全村民の一軒一軒のお宅を訪問した。
 全国でも初めての試み・・・であろうと思われる、「泰阜村生活満足度調査」の訪問聞き取り調査である。
 これは全村民(0歳〜5歳を除く)から、それぞれの世代ごとに、泰阜村の暮らしの中で実際に感じている要望やご意見を伺うというものである。
 この調査には、泰阜村にしかできないであろうという「助っ人」のご協力があった。これが他のどこの自治体でも実現不可能ではないかと思われるできごとである。その一つは、泰阜村始まって以来という猛暑の中を、村民の有志のお年寄りたちが自分たちの車を走らせて、村中の一軒一軒のお宅に、「よろしく頼む」という一声とともに、学生たちを送り届けるという大事業を担ってくれたのである。
 その上にこれがまたまた予算がないので日当は殆ど無償である!
村人は、顔見知りの村民が連れてきた若い学生調査員に心を開くのに、あまり時間を必要としなかった。
 学生たちは、山ほどの新鮮な野菜、甘いお茶菓子等を抱えて戻ってきた。最後には地酒を2本抱えて帰ってきた学生も現れる始末、一体どのような訪問調査が展開されたことであろうか。
 学生たちは「泰阜村のお年寄りや子供たちや、働く世代の人たちが、みんな真剣に生きていること、村の生活に満足していることが素晴らしい」と感動していた。
 そしてみんな、泰阜村とそこに住む村人のことが大好きになった。
「自分の第二のふるさとです。また帰って来たいです。」といってくれた。
 学生たちは調査の後の慰労会の席上、このような勉強の機会を与えてくれた村と村長に感謝し、村長を胴上げした!

 

 9月8日に調査本部が撤収され学生たちが去ると、泰阜村の暑い夏が過ぎ去り本格的な秋がやってきた。
泰阜の山里に赤とんぼが舞い、秋の虫たちの大合奏が響いている。
 ススキの穂波が揺れ、萩、おみなえし、桔梗、撫子、水引などの秋の花が咲き乱れている。
  稲刈りが終われば、秋祭りはもうすぐそこだ。
-----

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode