ブログ

風の谷〜泰阜村   
鳥取大学・研修会での出会い

 8月27日、28日と鳥取県でのセミナー&研修会によばれ「悠々」のことをあれこれお話した.
 2日間とも連続で参加なさった兵の 県長寿社会課のスタッフの輝く目に出会った.
 社協の、デイサービスの、グループホームの、小規模多機能事業所スタッフの喰い入る様な顔と目に出会った.その目は射るように,私の語る言葉の裏の真実を見極めようとする力が込められており,私の心を突き刺した。
 嬉しかった!ここに志を同じくする同志がいる!
「過疎山村のお年寄りを見捨てて置けない」と 心が燃え盛っているのを見る思いがした.
「自分達のところには何もない」と嘆き節も聞かれたが、そもそも 何もないところから何かを見つけ出し、不可能を可能にしていく作業が「福祉」なのだから、別段驚くこともないのだ.

 ☆彡本田先生のような人はここにはいないから「悠々」のようなことは出来ない!と言われ、
「ここに集まっている皆様の中に 一人や二人はおりますよ.その方を見つけ出す努力と、見つけたらその方を全力でサポートすることができれば 可能です」と伝えた.
  ☆彡本田先生の後継者はどうするのですか?との問いに、
「そんな事 仏様が決める事です.私が知った事ではありません」と答えたら 会場中絶句しておられた.
  鳥取県 この素晴らしい社会福祉に携わる人々を育て、鼓舞し、乱世にあって羅針盤となって一人奮闘しておられるのが鳥取大学地域政策学部の竹川俊夫准教授である.
 この地で 地の塩のように自分を省みず働かれている研究者がおられる事を、心から祝福したい。
        がんばれ 鳥取! がんばれ 西日本! がんばれ 東日本!
       がんばれ 日本! がんばれ 日本! がんばれ 日本!
 

風の谷〜泰阜村  
視察・見学シーズン

 稲の穂に少しずつ実が入って 穂の先が垂れ始めている.実りの秋が近いこの時期 田の周りでは もう秋の七草の花盛り、泰阜村がもっとも美しい季節に入った. 
 この時期、「悠々」にも全国から視察・見学のお問い合わせが続く季節になった.
だが「悠々」では、お年寄りの一人が入居2ヶ月で退去なさることに決まった.
 お体のご不自由な方や認知のご不自由なお年寄りの中で、 一人心の病を抱えられクリアーな頭脳でいることに 違和感を感じて苦しんでおられた方だった.
この間、村の「盂蘭盆会」のような村のお年寄りとの伝統行事を楽しみ 仲間の方々とコミュニケーションをとられることに努力されたが、もっと都会的な文化の場への自由な外出への手助けが、この山村ではどのようにしても不可能だった.
 相談の結果、家族が住まわれる近くの街の高齢者賃貸住宅を新たな住処とされることになった。「悠々」との決定的な違いは、そのような自由な外出を支える人手だった.
泰阜の介護職員は ただでさえ若い労働力が不足している上、「悠々」の賃金が近隣の介護職員の時給の1/3ほどでしかないそうだ.(ハローワーク情報)
近隣の市街地では、職に就けない介護職希望者が余っているのにである.本当に悔しい限りである.
  そこで提案!!
 ☆彡家族にもヘルパー講習を受けてもらって規定の介護費用(身体介護に限って)を払うことに出来ないだろうか.
 この村では、親の介護には 介護保険の在宅サービスを利用し若い人は外に出て働いているケースが多い。したがって過疎山村の介護スタッフの手はどうしても足りなくなって当たり前である. 
 すでに村にある人手を資源として介護の世界にも確保するための 現場からの悲痛な提案である!
 この提案が 行政の方々の目に留まりますように!!

風の谷〜泰阜村  
秋の気配

久しぶりに 朝から小雨が降っている 涼やかな秋の気配
  山の小道に萩 ススキ 女郎花 桔梗 撫子 藤袴 葛の花々の顔が見える
  庭先に蝉の抜け殻 いわし雲 小鳥たちのさえずりが 澄んだ森の空気を響き渡る
 
8月17日 盆が過ぎ 家族の下に帰っていたお年寄りが、さまざまな表情を抱えた帰ってきた.
  誰もが 疲れ果てて部屋に戻るとひたすら眠っている.
  ご家族の皆様お疲れ様でした.
  お陰様で悠々は、盆の時期の人手不足の危機を乗り越えられそうです。有難うございました。

今度は悠々が 盆踊り大会を開催!
 今年は地域のお年寄りの皆様と共にお隣のご住職も参加なさるとか.
 賄いさんと どんなご馳走でおもてなししようかと頭をひねっている.

 お楽しみに!

風の谷〜泰阜村  
泰阜の盆入り

8月13日  TVではいつもの通り高速道路の大渋滞が映し出され 猛暑の中 日本人のふるさと回帰が始まった. 悠々でも 村の長老夫妻がお寺に訳を言って盆飾りをいろいろ頂いてきた.



帰省しないで悠々に残っているお年よりは、泰阜村のご先祖様をお迎えしようということになった.「盆にはおとうちゃんとおかあちゃんの墓参りに行きたいよ」と幾度も繰り返し呟いていた一人のお年寄りが深夜脳出血で倒れ、緊急入院した。脳幹部分の広範囲の出血は一時は命の危機にさらされるほどであったが、一命を取りとめた. その控えめで忍耐強い性格と細やかな心配りでスタッフの慰めとなっていたI.M.さん、出会ったすべての人に衝撃を与え「失いたくない大切な人」と口々に回復への祈りを集めた.  声をかけると瞼をしばしばさせ、口をもぐもぐさせ握り返した手に力が帰ってきた. 「ばんざーい」これは希望が見えた.「早くよくなって悠々に帰ろうな」と声をかけると口元がまたもぐもぐと動いた. そこにいるだけで スタッフや訪れる人に慰めと癒しを与えられるような そんな愛すべきお年寄りに、どのようにしたらなれるのだろうか?  出会う一人一人にそんな自問自答をさせる貴重な存在! I.M.さん もうしばらく私たちと一緒に生きていてください!

夕方6時  悠々の門口に迎え火が焚かれる.泰阜の山々に帰ってきたご先祖様の霊に手を併せ しばしの間悠久の宇宙にともに遊ぼう・・・・・  お盆 この世と彼岸との敷居が取り払われるしばしの時 人が生きる意味を考えたい








風の谷〜泰阜村  
地域再生計画 考

昔 日本では
夏にはつきものの夕立一過 さわやかな涼風にほっと一息ついて夕涼みをしたものだった.
ところが この頃の夏はどうだろう.毎日のように襲われる雷雨!は、地球規模でただ事ではない事が起こっていると、予感させるに充分なものがある.

 昨日からその雷雨が明けて、一度に猛暑が訪れた.
ところが悠々のお年寄はみんな揃いもそろって寒がりで、全館クーラーがかかって涼しくなると、間の戸をそろそろと閉め切って布団を被って寝てしまう.部屋の中は見る間に30度を突破し、ム〜とし始める.
気づくのが少しでも遅れると、突然「寒い、寒い」と言い始めると体温は38度2分、熱中症である。
「悠々」の冷房は全館方式で、中央のリビングに2機のクーラーが作動しそこから冷気が各室に間接的に入っていく方法が取られている。各室には扇風機が1台づつ設置されていて、適度の温度管理がなされる仕組みがあるにもかかわらず、このお年寄り(少し〜だいぶん認知が入っている)との攻防は多分に命がけでもある.
 いつも見守られている・・・・・というか、この点についてはチェックをはずせない。

それに加えて、先日の定期受診で入居者のお一人がさらなる癌の転移を認められ、家族が積極的治療を拒否されたので、ターミナルを私たちが引き受ける事になった。
 主治医のご指導と見守りの中、癌性疼痛を私たちがどのようにサポートできるか.
今現在の逼迫した人員の中でどのようにお引き受けするのか、大きな課題に身震いする.

家族がいるのに・・・・・・

無残である・・・・・・

本人は、無性に「盆には家に帰りたい」と朝晩電話をかけつづけたが、適わなかったお年寄りである.

新着エントリー

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

コメント

  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村 第12回通常総会…「悠々」存立の意義を問われて
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    本田玖美子
  • 風の谷〜泰阜村       99歳お婆様「悠々」入居顛末
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村       暑い夏・「悠々」の応援団
    加藤充子
  • 風の谷〜泰阜村        6人目の入居希望者顛末
    本田玖美子

RSS配信中

携帯アクセス

qrcode